FC2ブログ

中部方面隊音楽祭り 

カテゴリ:中部方面総監部

今回の日記は副会長の辻輝也が書かせていただきます。

2月27日(土)、尼崎市のアルカイックホールに於いて、中部方面隊音楽まつりが開催されました。
陸上自衛隊中部方面隊は、東海・北陸・近畿・中国・四国2府19県の防衛警備を受け持ち、日々訓練を重ねるとともに、国連平和維持活動や災害派遣活動に参加するなど広範囲に活躍されています。
この音楽まつりは、演奏等を通じて中部方面隊を広く紹介し、国民の自衛隊への理解と信頼を高め、一体感を深める目的で毎年開催されています。今年会場となったアルカイックホールは世界的指揮者小澤征爾氏も絶賛する建築音響を誇るホールで演奏への期待も一層高まりました。

今年のテーマは「躍動 輝ける明日のために」です。何と素晴らしい胸躍るテーマなのでしょう。出演する部隊は、伊丹の方面総監部直轄の中部方面音楽隊を始めとする5つの音楽隊、6つの太鼓隊、第14旅団らっぱ隊、そして陸上自衛隊少年工科学校ドリル部です。さらに、ゲストとしてお馴染みの関西外国語大学チアリーダー部パイレーツが花を添えました。

陸上自衛隊には15の職種があり、音楽科もそのひとつです。音楽科の使命は音楽演奏を通じて隊員の士気を高揚することです。他にどんな職種があるかといえば、地上戦闘の骨幹部隊となる普通科、戦車を操る機甲科、大砲やミサイルを操る特科などの戦闘部隊に加え、物資を調達する会計科、患者の治療や医療施設への後送を担当する衛生科などがあります。

中部方面隊歌の演奏で幕が開き、続けて会場を埋め尽くした1千5百人を優に超える聴衆とともに国歌が歌われました。

001_20100309195903.jpg

第1幕の最初に登場したのは少年工科学校のファンシードリルでした。何と関西では初披露ということでした。
少年工科学校は中学を卒業して入学できる学校で、3年間かけて小部隊の指揮官となるべき教育を実施すると共に、通信制で高校卒業の資格を得ることができるようになっています。校風に「明朗闊達・質実剛健、科学精神」を掲げており、私見ですが日本で一番ぴりっとした学校ではないでしょうか。
この4月からは高等工科学校と名称が変わり、生徒の身分も「自衛官」から定員外の防衛省職員である「生徒」になるそうですが、良い伝統を継承して行ってもらいたいものです。ファンシードリル部は部活動のひとつということですが、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮する見事な演技でした。某国の軍事パレードのようなロボット的に一糸乱れずという域ではありませんでしたが、見応えのあるフォーメーションに祝砲発射(もちろん空砲ですが)と観衆を惹き付けて止みませんでした。

002_20100309195911.jpg

らっぱドリル「無敵の鬼軍曹」は、戦闘服にヘルメットの出で立ちで隊員が登場し、抜群の臨場感でした。ホールに高らかに響き渡るらっぱの音もさることながら、隊員が合唱する歌声も聴衆の心の琴線に触れました。まさに躍動を感じる圧巻の演技でした。自衛隊音楽まつりの醍醐味ここに極まれりです。


003_20100309195918.jpg
(関西外国語大学チアリーダー部パイレーツ)

自衛隊ならではのパンチの利いた演目に始まり、マイケルジャクソンや映画音楽といったポピュラーな曲に大迫力の太鼓演奏と色とりどりのプログラムが展開され聴衆は大喝采でした。中にはクラリネット22本によるアンサンブルという非常に珍しい演奏もあり、あらためてクラリネットの音色の豊かさを味わわせて頂きました。


004_20100309195924.jpg

木琴等の打楽器のアンサンブルから始まったのがTV番組の主題曲としてお馴染み、葉加瀬太郎の「情熱大陸」。尼崎出身の画家・白髪一雄氏が描いた『祝いの舞』と題する情熱ほとばしる色鮮やかな緞帳をバックに、9人がテンポ良く演奏を始めました。そして、曲が中盤に差し掛かると、その象徴的な緞帳が上がり、バックの大楽団が合流し一気に曲を盛り上げました。全音楽隊総勢82名による力強い演奏でした。

005_20100309195930.jpg
(クラリネット22本によるアンサンブル)

盛り上がりが最高潮のまま、聴衆も巻き込んでの「明日があるさ」の大合唱でフィナーレへと向かいました。あっという間の100分間。テーマであった躍動を十二分に感じることができ、明日への活力となった素晴らしい音楽まつりでした。


006.jpg

陸上自衛隊中部方面隊 創隊49周年記念行事 

カテゴリ:中部方面総監部

10月18日(日)伊丹駐屯地にて中部方面隊創隊49周年記念行事が執り行われた。
当日は駐屯地を一般開放して記念式典だけではなく音楽イベントやチアリーディング、子供広場や戦車試乗など大人から子供までが楽しめるプログラムとなっている。
特に各地域の駐屯地の名物を集めた模擬売店は玄人が裸足で逃げるほどの内容で長蛇の列を作っているお店も少なくなかった。

装備品や防弾チョッキ・鉄帽の装着体験なども家族連れの記念撮影希望者が多くにぎわっていた。救急法や野外入浴セットによる足湯の体験など自衛隊を広く国民に知ってもらうための工夫と仕掛けが随所に見られ自衛隊の方々のご苦労に頭が下がる思いだった。

中部方面隊は近畿2府19県の防衛警備を担当しあらゆる事態に即応するため日々厳しい訓練を行っています。国際平和活動や国内の災害派遣など有事以外でも国内外における多様な任務に対応するために隊員一丸となって取り組まれています。米軍と共同で訓練を行ったり9月には東南海・南海地震対処演習を自治体と共同で訓練をされました。また8月の佐用町での水害でも方面隊から多くの隊員が人命救助をされたと聞き及びます。

前日に行われました前夜祭では歴代の総監を囲み交流を図る場となりました。

zennyasai.jpg

10時半から行われた記念式典では開会の辞、栄誉礼、国旗入場、巡閲、観閲官式辞のあと毎度のことながら政権交替のために地元選出の民主党の新人議員がぎこちなく「専守防衛よろしくお願いします・・」とか訳のわからんスカスカの内容のあいさつをしよって、国防に対しての想いのなさが充分に伝わり、周りの方々も苦笑の連続であった。後ろから張り倒したろかと思うくらいのどうしょうもない士気の下がるような挨拶が続き、今後の自衛隊に対する逆風を予見させるものであった。
さすがに「自衛隊は違憲である」という輩はいなかったが、あんまりにもひどい内容なのは普段から彼らは国防のことを考えた事もなく、全く勉強もされていないからなのだろうと推察される。それでもこの日挨拶した議員は出席されただけでも良しなのかとひとりごちした。この政党に安全保障政策を任せると我が国に明日はないと実感した瞬間であった。

中部方面総監が観閲官となり観閲部隊約1000名、車両150両、航空機15機の観閲行進を見守った。まず最初に混成された音楽隊が演奏しながら入場した。

kanetuonngakutai.jpg

続いて管内の部隊が順番に車両をひきつれて行進を観閲官に対して勇壮な姿を披露する場となった。顔を真っ黒に塗っているのは陸上自衛隊最強部隊のレンジャー隊で見るからに屈強なオーラを醸し出していた。

renja-.jpg

ミサイル担当部隊も登場。彼らはニューメキシコ州まで行って実射訓練するらしい。

ho-kumisairu.jpg

一番人気の74式戦車には会場全体が大盛り上がりをした。

sensha_20091021182435.jpg

航空部隊も中部方面航空隊が八尾からヘリの編隊飛行を組んで観閲飛行を行った。

heri.jpg

毎年戦車や高射砲を使って模擬戦闘を行うのだが予算の都合か本年は格闘を中心とした訓練展示が行われた。第10師団から130名の精鋭の隊員が短剣技術や小銃技術、徒手技術や組み手など一糸乱れぬ動きで一対一の格闘を披露いただいた。

kunrenntennji.jpg

隊員一人ひとりのこのような技術が他国に対する安全保障の抑止力になると納得した。

kunnrenntennji2.jpg

そのあと体育館で祝賀会食があったが数千人の参加者に対してホスピタリティをしっかりと発揮され
陰の人となって徹夜で準備された隊員に心から敬意と感謝の念を払いたい。

tebqasaki.jpg

外でテントを張って手羽先をあげていた三宅君!今まで食べた手羽先で一番うまかったよ。。
これからもがんばれ。。。


東南海・南海地震対処演習研修 

カテゴリ:中部方面総監部

9月29日 東南海・南海地震対処演習が中部方面総監部を中心とした各所で実施され、方面総監部広報室の計らいで私を含め青年部会の会員3名で研修をさせていただいた。今後30年以内にマグネチュード8以上の地震が発生する確率は約50%とされており、その時の被害は死者17800人、経済被害57兆円と言われている。

その万一の際の予想被害見積もりや津波や道路の決壊により孤立化があるとされる地域を重点的に対処できるよう自衛隊は平成17年より共同訓練や指揮所演習を繰り返し、平成20年からは陸・海・空の自衛隊が統合運用をしながら防災演習を行っています。
(実はあんまり知られていないというのが本当に残念です・・・)

Xデーに大規模震災災害派遣が防衛大臣より発令するやいなや北部方面隊、東北方面隊、東部方面隊、西部方面隊から数日の移動で被災地に勢力を集中することとなっている。もちろん海上自衛隊も艦船約50隻、航空機約50機で津波被害による探索や孤立地域への対応を行い、航空自衛隊も輸送機、救難機、偵察機約70機を使って方面総監部を中心とした陸上自衛隊の支援活動を展開することとなっているらしい。

20090929中部方面総監部TN演習 001

この演習では角南方面総監が統裁官となり午前6時に和歌山でマグネチュード8の自身が発生したと仮定し演習が開始された。(ニュース速報もわざわざ作っておられました)震源地の確定や震度の分布、津波情報や被害情報。それに伴う医療支援ニーズや緊急患者の輸送ニーズなどそれぞれの役割をもった隊員が予測、調整、実行、検証を繰り返し、各部隊が組織的な救援活動を有機的かつ効果的に展開することができるよう指揮を取っている。

また高知や三重、和歌山、徳島の県庁とも密接に連絡を取り合い消防や警察など自治体との協同も重視しながらの展開にはさすが自衛隊と感心した。白浜空港や八尾空港から串本までUHやCH(ともにヘリの名前)で人員や物資、車両を輸送する訓練も行われた。また阪神基地からは輸送艦くにさきも出動し田辺から串本に至るまでの海岸線の拠点として救難活動演習や救援物資の輸送活動演習を行った。

20090929中部方面総監部TN演習 026

当日はブリーフィングとして概況の説明から始まりそのあと食堂にて重石総務部長、小林広報室長と他のオピニオンリーダーの方々と共に昼食をいただいた。今回の演習について会員からの様々な質問を丁寧に説明いただき自衛隊という組織の任務の多様性とこの演習を行うにあたっての綿密な準備やご労苦に頭の下がる思いがした。防衛課長の自分たちは国民の負託にこたえるためにどのような状況であっても万全の計画と準備で任務を完遂することだけに心を砕いています。と言っていたのが印象的であった。

20090929中部方面総監部TN演習 030

そのあと多くの隊員がてんやわんやでパソコンを動かし各所からの連絡を調整したり、部隊の活動拠点の展開方向を探ったりなど指揮官により正確な情報を提供するための作戦室を見学し、そのあと総監と幕僚が実際に方針を立てる会議をする統裁室を見学させていただいた。

20090929中部方面総監部TN演習 042

そのあと体育館に作られた指揮所を見学した。ここも多くの自衛官が役割ごとに仕分けされた部屋でパソコンに向かいあいながら現状の部隊の状況や被害の内容や規模など逐一大きなスクリーンの上の地図に映し出され時間と共に状況が変化しそのつどたてられた作戦に沿って情報活動を中心としたさまざまな救援活動を各担当者がそれぞれの任務として懸命に行っていた。

20090929中部方面総監部TN演習 053

人命救助に必要な装備品なども丁寧に説明いただいたり実際に手に持って使用させていただいた。このあと、本来は串本の海岸や和歌山県庁での夜間研修もあったのだが時間の都合でここまでとさせていただいた。

平素から本来任務とは別に自衛隊員は私どもの生命と財産を守るためにこのような大変な時間のかかる演習を繰り返しておられるということをもっと国民は知るべきであると思ったし、マスコミはしょうむないニュースを流さんとドキュメンタリーでこの研修で汗をかいている隊員に光を当てて特番を作っても罰は当たらんと思うのだが・・・・今日はすれ違う自衛隊員一人ひとりに対し特に頭の下がる思いをして帰りました。

    「自衛隊のみなさんいつも私たちの生命と安全を守っていただいてありがとう!」

           鳩山総理大臣になり変り改めて御礼申し上げます。。

つつじを見る会 

カテゴリ:中部方面総監部

4月25日12時からつつじを見る会が中部方面総監部で行われ
自衛隊幹部の方々と各界の代表の方や伊丹市長などがこられ
楽しい懇談のひと時を過ごしました。
この会は中方懇話会という団体と自衛隊の共済事業で
あいにく当日は朝からの雨となり天幕(テント)を張ったなかでの
懇親会でしたのでつつじはまじかで見ることはできませんでしたが
自衛隊員手作りの美味しい料理をたらふくいただきました。

山菜(うどの葉、タラの芽、ふきのとう)の天ぷらや温かいうどん
神戸牛のステーキなど大変素敵なおもてなしをいただきました。
この3月に着任された中部方面総監の角南俊彦陸将(写真)もいろいろな方と
懇談され自衛隊に対する国民の期待や想いが特にここ近年高まっていることに対して
一生懸命国民の負託にこたえるということを言っておられました。
tutuji

雨の中、裏方でポンチョを着て天幕を気遣ったり私たちが雨にぬれないように
いたるところで目配り気配りしていただいている自衛隊の方が多くおられました。
普段でも訓練などで大変なのに私たちのためにこうやって会の設営に尽力いただいている姿を見て
本当にありがたく、敬意を表しながら会場を後にいたしました。