スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市消防局平成23年度 出初め式 

カテゴリ:基地等見学

今回の日記は担当理事の 秋田和孝 が書かせていただきます。

平成23年1月6日(木)大阪南港ATC会場で開催された消防出初式に行ってきました。
午前10時の開式の前には、多くの家族連れをはじめとした市民が少しでもいい場所で見ようと陣取っていました。(消防局の発表では2万5千人の観客動員)

dezome_11.jpg

開式とともに消防ヘリコプター、消防艇、消防車両などの機械部隊分列行進が始まり、続いて地域防災リーダー、女性防火クラブ、大阪市帆船「あこがれ」の市民参加パレードに続き、消防の徒歩部隊分列行進が行われました。

消防車両46台、消防ヘリコプター2機、消防艇3隻、人員1,400名と出場部隊、人員報告の後、参加者全員に起立を促し、特設国旗掲揚台に国家が流れる中、国旗が掲揚されました。
礼服に身を固めた平松市長が式辞を述べ、消防庁長官、大阪市会議長が来賓祝辞、続いて消防局長があいさつをしました。

CAHBY9Z1.jpg

続いて観閲席の前で消火訓練、水難救助訓練、化学災害対応訓練、車両事故救出訓練、高層建物火災訓練と実際の現場さながらに緊迫した警防訓練が20分間というわずかな時間に着々と一糸乱れぬ迅速な動きで展開されました。
その後は消防車、消防艇による「みおつくし放水」が行われて閉式となりました。

「人知れずくらしを守るひとがいる。」

消防の立場から私たちのくらしを守ってくれる頼もしい大阪の消防体制がありました。
消防隊員などの公的機関だけでなく、消防振興協会、地域防災リーダー、女性防火クラブなど市民の助け合いの体制を知ることで、先ずは私たち一人ひとりが常に防火の意識を持ち、消火活動が実践出来るようにしなければと強く感じました。

3月13日(日)には消防、警察、赤十字、大阪府、大阪市の危機管理室、自衛隊の協力でOSAKA防衛防災フェスティバル2011を開催します。

少しでも多くの方に私たちのくらしを守ってくれいている人たちの姿、装備を見てもらい、先ずは自分から防衛防災の意識を高め、小さなことから実践していこうと思えるようなフェスティバルにしていこうと心新たにしました。

大阪防衛協会青年部会
秋田和孝





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。