FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上自衛隊八尾駐屯地56周年兼ねて中部方面航空隊創隊48周年記念式典 

カテゴリ:陸上自衛隊

今回は理事の秋田和孝が報告いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成22年10月23日(土)に八尾駐屯地で開催された記念式典に会長代理で参加してきました。
10月最初に八尾駐屯地でヘリコプターの墜落事故があり開催が危ぶまれていましたが、開催されました。
会食の場で司令から、「開催前に事故があり、みなさまにご心配をかけましたが、こういうときだからこそあえて開催させていただきました。」と力強い挨拶がありました。

大阪防衛協会青年部会会長の代理なので大きなリボンをいただき観閲席の最前列でした。


記念式典は国旗登壇のあと、観閲官として司令関口1等陸佐から挨拶。
いつも自衛隊の式典で感じることですが、挨拶する人に対して、隊員は敬意を表し身を正して隊長は敬礼します。そこで司令から、「休め!」の声で、「整体休め!」と隊列に号令がかかります。後に続く、来賓の方々も、「どうぞ休ませてください。」「休んでください。」と声をかけてからスピーチに入ります。

PTA関係者として学校関係の行事に参加して不自然に感じるのは、「起立!礼!着席!」とマニュアル的に壇上にいる人の意向に関係なく生徒や児童を着席させますが、これはなんだかおかしい気がします。校長から、「着席しなさい。」や、来賓から、「どうぞ、着席してください。」と言われない前に担当の教職員が座らせてどうするんだと思ってしまいます。

さて、式典もつつがなく進行し、観閲飛行を行う時間になってきました。
基地に並べられた10機のヘリコプターがエンジン始動、今か今かと待っていると、合図とともに一糸乱れることなく静かに一斉に離陸します。

414282_816830289_192large.jpg


狭い駐屯地の中で一斉にヘリコプターが離陸する様は鳥肌が立ちました。そして隊列を崩さぬまま観閲飛行に飛び立ちました。

414282_816830285_25large.jpg


音楽隊による演奏があったり、地元の高校生によるチアリーディングが披露されたり、大きなヘリコプターCHの地上滑走や高機動車の試乗、数々の装備展示には多くの市民が行列を作っていました。
用意されていた物品の販売、食事の用意もすぐに売切れてしまうような大盛況でした。

414282_816830277_181large.jpg


若い特攻隊員の遺書などが残る資料館も開放されていました。

今回は、地元のワイン会で知り合った方にこの記念行事の話をすると興味を持ってくれて一緒に参加しました。
普通では参加する機会のない自衛隊の記念式典に参加し、私たちの安全は自衛隊が24時間365日守ってくれていることを感じたとおっしゃっていました。

大阪防衛協会青年部会
秋田和孝


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。