FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北消防署見学 

カテゴリ:基地等見学

とあるパーティーで知り合った関係で大阪市北消防署を見学させていただく機会があった。
阪急インターナショナル横にある昭和39年築のかなり老朽化した施設であるが、一歩中に入った瞬間一般的な行政施設とは異なる現場ならではの緊張感が署内にはあった。この施設以外に出張所として梅田、南森町、浮田、大淀、与力、本庄の6拠点でいざという時に備えている。他の市の様に消防団の様な自衛組織が大阪には存在しないのでなにもかも消防署に任せきりであることの是非を今一度考えなければならないと思った。

kitashoubou.jpg

大阪市北区は日本有数の地下街と超高層ビル群で大阪の表玄関を形成し、商業地域と鰻の寝床のような住空間が隣接している。はしご車と言っても15階くらいまでしか届かないし大きな消防車が入ることのできない路地だらけの町家も多く近辺にも残っている。その背景にあってこの消防署では予防、警備を中心に防火、防災に取り組んでいます。また一部地域であるが自衛消防組織の充実を図り地域と一体となった防火、防災を推進しています。


resukyu-sha.jpg

写真はレスキュー車で大きな事故や災害があったときにさまざまな救護、救命設備を車内に装備したスーパーカーである。。。実際本物を見たのは初めてでこの車が人命を救うということにひとり納得する。


kunren.jpg

室内では隊員がさまざまな訓練と体力つくりを人知れず行っている。同じことを何度も何度も繰り返し、時間をはかってより俊敏に、そのわずかな時間が人命を救うことになるということを彼らは知り尽くしているので上司の方も叱咤激励しながら真剣なまなざしで指導教育されていた。


kunren2.jpg

ビルの窓を想定してけが人を救護し(訓練では人形であるが)自分のロープにくくりつけてともにビルに入り込んで・・・という訓練を何度も何度も繰り返しておられた。。何度も何度も真剣勝負で見ているだけであったが心から敬意を感じ本当に尊い仕事であること彼らが出動している以外このように訓練を重ねておられることをもっと周りに伝え広めなければならないと感じた。

消防司令より途中で消防の仕事のビデオを拝見し説明をいただいていたところ「もし出動があれば失礼しますがご容赦ください」と言っておられたその矢先、部屋のパトロールランプが光って出動要請。。。。。

「ありゃ~」と思ったその瞬間、となりに座っていた司令は透明人間のごとくいなくなっており、追いかけて階段おりて見にいくと専用車両の後姿を見ただけとなった。。その間わずか30秒くらい。。。
後日談を聞くとビルの屋上から飛び降りそうな人がいたそう。。結局警察が説得して事件解決らしい。。。

50歳を回ったくらいの消防司令自ら車に乗って人命救助に行く機会を見せていただいた。。
消防署の皆様、いつも本当にありがとう!


詳しいホームページはこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。