スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪護国神社 

カテゴリ:雑感

終戦記念日の本日、大阪護国神社に一人で参拝にいく。
もちろん目的は国のために命を捧げた英霊に「感謝と哀悼の意」を表すためである。
この大阪護国神社には大阪出身の大阪府ゆかりの英霊十万五千余柱を御祭神としてお祀りされている。

P8150202.jpg

大阪護国神社は昭和15年仁徳天皇と大阪府出身の戦没者を祭神として創建し有志が桜樹献木会を組織して桜・桐約千本を植えるなど約2万平方メートルの神域はうっそうと樹木が茂りこの日も閑静なたたずまいを見せている。
春・秋の大祭のほか、毎年の盆三日間はみたま祭りとして域内に3千個のちょうちんを灯し、祭神の霊を慰めている。

P8150201.jpg

神社の境内には大小二十五基もの慰霊碑が建ち並んでいる。これらの慰霊碑は同じ所属部隊で戦死した戦友の死を悼んで建立したという体裁をとっているが、碑の裏面に掲げられた文面はすべて「輝かしい部隊の戦歴」をしっかりと披瀝されている。実にすばらしいことである。戦争で亡くなられた英霊は、家族のため郷土の為、国の為、残された私たし子々孫々の為に尊い命をなげうって戦われました。慰霊だけではなくその功績をたたえ感謝し心からの畏敬の念を持たねばならないことは言うまでもない。


P8150191.jpg

この碑を見ると祖国日本を守るために青春のなかった若い先達が父母兄弟、国の為に若き身を犠牲にして人間爆弾になって敵艦に飛び込み散華したこと、そのときの彼らの想いはいかばかりなのかと考えてしまう。
5月にお亡くなりになった前大阪防衛協会会長の小林公平氏も海軍兵学校出身で特攻隊を志願した先輩に囲まれて終戦を迎えたと言っておられた。朝鮮半島の鉄道や道路のインフラや教育機関など自国と同じくらいの費用を使い経済発展に寄与してきたのにいつまで我が国は韓国、中国に対して謝り続けなければならないのか・・・ということを阪急電鉄の本社で話しいただいたことを思いだす。

P8150192.jpg

海軍関係戦歿者の慰霊碑で碑文を以下紹介する。

明治初年に創設され、その後幾多の輝かしい歴史と伝統を保有し、わが国の栄光と国威の象徴として、国民に尊敬され親しまれた日本帝国海軍は、さきの太平洋戦争において善戦空しく敗れ、昭和20年8月15日の終戦と共に、その80年の長い歴史を閉じた。この戦において、40万余の海軍軍人・軍属が、その貴い生命を祖国に捧げて勇戦奮闘の末、国の御楯として散華した。

大阪を中心とする近隣府県在住の海軍関係生存者ら有志相寄り相図り、ここ大阪護国神社の聖域に慰霊の碑を建立した。海軍を弔い、永遠の平和を希求し、戦没者に心から慰霊の誠を捧げ、以てその芳勲を千秋に伝えんとするものである。

P8150193.jpg

予科練の貴様と俺と翼の碑です。


P8150195.jpg


つわもの之碑「野砲兵第26連隊」以下連隊紹介

大阪・九州の出身者で編成。昭和6年、満洲事変に際し連隊主力は第39混成旅団砲兵として参加。
支那事変では、京津地方掃蕩作戦、太原攻略戦等に参加。昭和15年1月に復員。昭和17年末、南東派遣のため山砲に改編。ニューギニアのウエワクに上陸。昭和18年4月、マダンに移動。昭和18年9月、米軍のフィンシハーフェン上陸に際し、火砲を移動。10月から11月にかけて二次にわたって攻撃支援を実施。
その後、シオに後退。更に第41師団とともにアイタペで坂東川血流の大激戦を展開したあとブーツへ後退。
終戦時の生存者は約100名。


P8150196.jpg

龍山歩兵第七十九聯隊「戦友ともはここに眠る」

大阪・九州の出身者で編成。
昭和6年、満洲事変に際し連隊主力は第39混成旅団砲兵として参加。支那事変では、京津地方掃蕩作戦、太原攻略戦等に参加。
昭和15年1月に復員。
昭和17年末、南東派遣のため山砲に改編。ニューギニアのウエワクに上陸。
昭和18年4月、マダンに移動。
昭和18年9月、米軍のフィンシハーフェン上陸に際し、火砲を移動。10月から11月にかけて二次にわたって攻撃支援を実施。その後、シオに後退。更に第41師団とともにアイタペで坂東川血流の大激戦を展開したあとブーツへ後退。終戦時の生存者は約100名。


P8150197.jpg


『鎮魂』の碑、歩兵第二百十六聯隊

主力部隊を篠山で、第3大隊を大阪で編成し合流して連隊を編成する。
編成直後、漢口に派遣され、更に南昌に移駐して警備に当たり、中国軍の冬季攻勢を撃退する。
昭和15年、宜昌作戦に参加。その後、錦江作戦の中心部隊として活躍。その後、江北作戦、江南作戦に参加。
湘桂作戦では長沙の岳麓山攻略に従事する。その後、中国大陸を転戦し終戦を迎える。

碑文

我が聯隊は昭和14年3月編成され翌4月軍旗を奉戴して勇躍中支戦線に参加して漢口に上陸
以来終戦により安慶に於いて軍旗と永訣する迄七星霜
支那派遣軍の精鋭第34師團(椿部隊)の中核として宜昌作戦をはじめ十二、十三號作戦、二次に亘る錦江作戦、豫南作戦、汚陽作戦、浙■作戦、江北及び江南殲滅作戦、常徳作戦、湘桂作戦、■江作戦等相次ぐ大作戦に参加
■次軍司令官感状賞詞を受け赫々の戦果を擧げた
この間飢餓酷暑寒苦に耐え瘴癘と闘い勇戦奮闘祖國に殉ぜられた英霊2362柱
その武勲は燦として千載に輝く我等復員以来家郷に在って一向祖國復興発展に力を盡くして来たが嘗て死生心契の諸霊の忠烈敢闘の姿脳裡を去来しその遺志に励まされ加護により今日夢想しなかった繁栄を成し國民均しく平和を慶ぶ。茲に積年の宿願漸く實って戦史を編纂鴻烈を偲び鎮魂の碑を建立、遺勲を顕彰冥福を祈り併せて祖國永遠の平和を冀う

昭和52年9月
歩兵第二百十六聯隊戦友會



P8150198.jpg

歩兵第百八聨隊
つわもの之霊 ここに鎮まる

通称 菊水部隊 鳳八九六四部隊

歩兵第8連隊留守隊を基幹に予備役を中心に編成。
編成後ただちに満洲に派遣され、錦県に駐屯。
昭和13年7月12日の張鼓峰事件(ソ満国境)では、延吉に展開して警戒に当る。
その後、第21軍に所属して華南を転戦。
昭和13年10月22日、バイアス湾に敵前上陸を敢行して広東作戦に参加。
翌年1月から広東地方の警備のため三水地区に駐屯。
昭和14年11月、翁英作戦では、西村支隊として鉄道修理の工兵隊を援護するが、中国軍の冬季攻勢による猛攻を受ける。(この作戦での戦死者156名)
太平洋戦争期間中は第23軍の指揮下で広東の警備を担当。
昭和19年、大陸打通作戦に参加し多くの被害を出す。
昭和20年3月から米軍の上陸に備えて広東で洞窟陣地を構築中に終戦を迎える。

この日は夕方に参拝することで静かに英霊の至情と対峙することが出来た。と同時に国のあり方を考え、英霊に恥じない国を自らが作り上げるというさらなる気概を携えて地をあとにした。




スポンサーサイト

コメント

Re: 大阪護国神社

素晴らしい記事で感銘受けました。
先人が流して頂いた血のお蔭で今日の日本の繁栄があるのに、
今日の我々は汗して働くことも厭い、頭でっかち、舌先三寸。
生かされている感謝の気持ちを持ち、一日一日大切にしたいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。