FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習艦隊歓迎の夕べ 

カテゴリ:海上自衛隊


3月20日に江田島を出発した練習艦隊の最初の寄港地が、ここ大阪です。
そして、3月22日の日曜日の晩に、梅田の新阪急ホテルにて、「練習艦隊歓迎の夕べ」が催されました。私と鷺岡会長で出席してまいりました。


会場である新阪急ホテル2階の「紫の間」に足を踏み入れて、まず最初に目に留まったのが、正面に掲揚された自衛艦旗です。
写真でもお分かりかと思いますが、相当大きいものです。
kangei

そして、会場の真ん中に料理が並べられ、両サイドは沢山の人だかりでした。数百人はいたでしょうか。年配の紳士が多く、鷺岡会長と私は最も若い部類だったと思います。
主催は関西水交会で、旧海軍からの流れを汲む伝統ある団体です。
勿論我々の親会である大阪防衛協会からも大勢の出席者がいました。
会場はざわつきながら、練習艦隊のメンバーの入場を今か今かと期待する雰囲気でした。

そして、やや定刻を過ぎて後ろのドアが開け放たれ、練習艦乗組員である海上自衛官が勢いよく入場してまいりました。
幹部候補生学校を卒業したばかりの初々しく凛々しい面々でした。
全員が舞台前に整然と並び終えたところで、レセプションが開始されました。
新3等海尉達の挨拶は、慣れない口ぶりでしたが、卒業の喜びと将来への使命感を感じさせるものでした。
また、歓迎の出し物として恒例のタカラジェンヌによるミニコンサートが行われました。
関西水交会前会長であり、大阪防衛協会前会長でもある宝塚音楽学校の小林公平校長の計らいなのでしょう。
この日のステージを務めたのは、月組の遼河はるひさんと月組メンバー4人でした。
その美貌と歌唱力は素晴らしく、乗組員達にも大好評であったようです。

パーティーはビュッフェ形式だったので、乗組員もあちこちのテーブルに散らばりました。
私も何人かとビールを注ぎ合いながら話をすることが出来ました。
彼らが非常に礼儀正しく、スマートなのに感銘を受けました。
卒業までに心技体共に非常に鍛えられ、今後は国を守る幹部になる意気込みがそうさせるのでしょう。
しばし、楽しく歓談をさせて頂き、万歳三唱にて閉会。
そして、乗組員達はまた颯爽と退場し、天保山岸壁に接岸している艦へと戻って行きました。

文責 辻輝也
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。