FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太山駐屯地 桜祭り 

カテゴリ:陸上自衛隊

4月3日信太山駐屯地で関係者を対象とした桜祭りが開催された。
多くの支援者の方々と自衛隊幹部の皆さんとで満開の桜の中でバーベキューをしていただいた。

大庭連隊長とは昨年来、何度もお酒を一緒にいただく機会があったがそのたびに熱く語り合ってしまう。
うまが合うのか合わせていただいているのか・・・ミスターレンジャーの連隊長とは一緒にいるだけでいつもいいエネルギーを注入してもらえる。おかげで普段よりもよく食べてよく飲んで本当にいい時間を過ごさせてもらった。

「自衛隊って普段は何をしているのか分からない・・」という声を市民からよく聞くことがある。
結論を言えば彼らの課業の多くの時間は訓練に費やされている。
そもそも軍隊とはもとから非生産的なものでアメリカであっても兵士は人生の大部分を平和なうちに過ごす。
しかしながらその平和は普通科連隊を代表とする部隊の平素の苦しい訓練とその訓練の中で培われる強い戦闘力による抑止によってもたらされているという事実をマスコミはもっと伝え国民は理解しなければならない。

任務一つにしても国土防衛、災害派遣、国際貢献だけではなく、このように支援者や地域の方とのコミュニケーションを取ることで国民と自衛隊との信頼関係を構築を目的とした今回のような事業に参加させていただくと本当に頭の下がる思いがする。

小泉内閣の時に閣議決定された「行革重要方針」で自衛隊員の定員削減が今も進められている。
実員削減の通りに新隊員の採用者数は激減している。
方面総監部広報室に聞くところ2006年度以降新隊員の採用数は減少し続けており、このままでは階級構成にも影響が出ることになるようである。
やらなきゃならない任務は増えているのにやるべき人も時間も減っていくということはこれまで備わっていた能力が発揮できなくなるという国益を損なう結果となることを政治家はどうして理解できないのであろうか。

しかしながら絶対人数が不足していようが装備品が旧式であろうが彼ら陸上自衛隊員は任務の完遂をめざし、泣き言一つ言わずに日々訓練に明け暮れている。気がつくと飲み過ぎて自衛官以外私一人になっていた。彼らは(隊員は)私にお酒を注ぎまくってくれて訓練の話や私生活の話など国民の一人として四方山なことを語り合った。

hanami1.jpg

女性隊員は小さな子供を連れて参加されていた。。この子供たちが大きくなったときにこの国に生れて本当によかったとおもえるようなそんな社会でなければならないと思う。国民の防衛意識以上に国の防衛力は高まらない、とよく言われる。
母と自衛官を両立されている彼女には特に敬意を払いたい。

hanami2.jpg

あなたの子供は間違いなく立派な日本人になるで。自衛隊はほんまにすばらしい仕事です。
世の中で最も尊敬される仕事です。困ったことがあったらおっちゃんがいつでも相談に乗ったるで!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。