FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回全国青年研修大会 埼玉大会 

カテゴリ:全国防衛協会連合会青年部会

11月21日~22日 埼玉にて表題の大会が開催された。大阪からは会長の私(鷺岡)、副会長の辻、事務局長の高橋が参加しました。埼玉県は東部方面総監部の所在する朝霞駐屯地、平成7年の地下鉄サリン事件で活躍した自衛隊の「中央特殊武器防護隊」が大宮駐屯地に所在し、航空自衛隊は中部方面隊司令部が所在する地対空誘導弾・ペトリオットを擁する入間基地や熊谷基地が点在し首都圏防衛の要の地となっています。
新幹線を乗り継いで大宮駐屯地に到着。この駐屯地は大宮駅から車で10分の閑静な住宅街に位置しています。平成11年には第32普通科連隊も市ヶ谷から移駐し現在は1200名の隊員が駐屯しています。

早速13時からから全国会長会議に参加し、そのあと参加者全員で陸上自衛隊化学学校長兼ねて大宮駐屯地司令の岩城陸将補から中央特殊武器防護隊に関する講話をいただきました。

kagakugakou.jpg

イラクにて国際貢献活動に参加したり災害派遣活動に出勤している様子をスライドを用いながらわかりやすく説明いただきました。

そのあと実際に特殊武器防護における偵察活動、除染活動をみせてもらった。

shoudousha.jpg

化学兵器を用いたテロが発生しテロリストが建物の中に潜伏。。。それを見つけ出してうちまくって制圧という筋書きです。
terotaisaku.jpg

私たちのためにずっと前から練習をし日頃の連度の高さを見せていただく貴重な体験であった。

そのあと実際にガスマスクと催涙弾を使って閉め切った部屋にてマスク装着の訓練なども行った。
実際の隊員の苦労を実感させていただいた。(写真は私です・・)

bougofuku.jpg

その後場所を大宮市内の結婚式場に移して佐藤正久参議院議員の防衛講話をいただいた後に厳かに大会式典が開催された。主催者である都丸和俊会長の挨拶のあと民主党議員が挨拶の内容にクレームをつけていた姿(私は直接見ていないが)は政権交替の時代の変化を実感させる嫌な出来事であった。

tomaruaisatu.jpg

来賓挨拶は知事の上田誠司氏は含蓄深い、自身が県民の安全と平和を預かる執政者ととしての気持ちの伝わるいい内容であった。そのほかの民主党国会議員は目くそ鼻くそ似たり寄ったりの内容でしまいに途中で退席しよる輩もおったらしい。ぼけ!それやったら最初から来るな!とても残念に思いました。

opuningurappa.jpg

懇親会ではラッパ隊や太鼓演奏もあり日頃、訓練のあとに自分の時間を割いて練習されたであろう姿はまさに我が国の防人であり本当に頼もしく彼らが闊達に活動できる環境を私たち国民が作らないといけないと実感いたしました。

翌日は早朝から朝霞駐屯地に移動しました。この駐屯地は都心から20キロ圏内で東京都練馬区と埼玉県朝霞市、和光市、新座市の4つの行政区分にわかれています。駐屯地総敷地面積90万㎡、訓練場70万㎡を有し1都10県の防衛の中枢及び災害の支援拠点駐屯地として東部方面総監部や異なる専門的職務を有する27個部隊が所在しています。まず中央即応集団司令の講話をいただいた。

asakakouhou.jpg
中央即応集団についてはこちら

陸上自衛隊唯一の広報センター(りっくんランド)を見学しヘリのフライトシュミレーターに乗せてもらった。2分ほどだったがそれなりだった。

shumire-ta-_20091123170633.jpg
(中から撮影した様子がこれ・・)
その他にも3Dシアターや迷彩服の試着コーナーもあり陸上自衛隊の任務や組織、歴史を学べる場として連日にぎわっていると聞き及んだ。

kouhousenta.jpg

広報施設としては本当に素晴らしく、関西にもこのような施設をぜひ作って次世代を担う子供たちに自衛隊の大切さを感じてもらいたいと切に思った。
現在事業仕分けをしている民主党議員にも一度見学に行ってもらいたい施設である。見学に行っても理解できんやろうけど・・このような施設を大阪の舞洲とかに作ってもらいたいと思っているのは私だけだろうか。

そこから入間基地に移動しレーダーサイトやパトリオットミサイルを見学させていただいた。
この基地は首都圏近郊の基地として災害派遣時の物資輸送の中枢基地でもあり多くの内概要人の輸送基地としても使われています。現在は18個部隊約4300人の隊員を庖する航空自衛隊最大の基地となり日本の防空の要として各種司令部、防空指揮所、後者部隊が所在します。

昼も夜も私たちが寝てる間、酒を飲んでいる間もレーダーをにらみながら我が国の平和と安全を守っている素晴らしい隊員がいるということを目の当たりにし心が震える思いがしました。

1泊2日の研修大会は大阪から参加する私たちには多くの時間とお金がかかるものですが全国の志を同じくする仲間と懇親を深め、より多くの自衛隊員を知り、国民の生命と財産を守るために汗している姿を直接見るとこれくらいの負担は国民としての義務の範疇であり、国のまもりは自衛官だけでは決して完結せず私たち国民一人ひとりがもっと国を守るということに対する意識を高めなければならないのは当然である。私たちの最前線で頑張っている自衛官の代わりに、大切なお国のためにできることはないのかと自分自身に問いかける良い機会となりました。

主管をされた埼玉県防衛協会青年部会は設立して間もない組織ですが今回準備万端で素晴らしい設営をされ、全国大会にふさわしい意義深いプログラム満載の運営に対し心より敬意を表する次第です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。