スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊大阪地方協力本部創立54周年記念祝賀会 

カテゴリ:自衛隊大阪地方協力本部

9月6日ホテルニューオータニにおいて大阪地方協力本部創立54周年記念祝賀会が執り行われた。
自衛官募集業務や就職援護に深くかかわってこられた地域の協力者に対して大阪地本部長の江口直也閣下から感謝状の贈呈がありその後の記念式典ならびに懇親会に私を含め多くの関係者がこの場所に集まられた。

地方協力本部とは陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の共同機関で、中でも大阪地方協力本部(大阪地本)は、全国最大規模を誇り大阪府下一円を活動範囲とし、企業・地域・住民の皆様と自衛隊を結ぶ窓口となるべく日夜活動しています。(HPより抜粋)砕いていえば自衛隊を社会に知らしめ、大阪府民の自衛隊に対する理解と信頼をより深めるため様々な業務を遂行されています。
たとえば小学校の総合的学習の時間を利用して八尾駐屯地にて体験学習を行ったり、自衛隊を知ってもらおう、理解してもらおう、必要性を実感してもらおうというさまざまな施策をとられています。大阪地方協力本部についてはこちらをご覧ください。

当日は自衛隊協力大阪連絡協議会・自衛隊父兄会大阪府支部連合会・大阪府隊友会の3団体が共同主催され協力者とともに日頃募集や援護、広報活動など様々な業務に携わっている協力本部の隊員の皆様と本当に親しく和やかに懇親する場となりました。

kaikaiaisatu.jpg

大阪地本部長の江口直也閣下も人柄がにじみ出る心のこもった協力者への感謝の気持ちと御礼をわかりやすい言葉で慇懃さを全く感じさせずに述べられていたのも印象的であった。
懇親会でもすべてのテーブルを回り率先垂範してすべての方々に声をかけ直接感謝の言葉を述べられておられる姿はこれぞ自衛隊の鏡であり、また大阪出身(茨木高校卒業)であることも多くのファンを作られている原因と感じられた。

honbutyou.jpg

気になったのは毎年出席されていた自民党を中心とした国会議員の来賓が激減し、今回は自民党参議院の北川イッセイ氏と民主党参議院議員の尾立源幸氏の2人だけであったことが、衆議院選挙のため案内を出されていないという事由も鑑みても世の移り変わりを顕著に表し、今後自衛隊に吹き荒れるアゲインストの風を予感させるものを見せられた気がした。

giinaisatu.jpg

大阪選出の自民党の国会議員は少なからずも数人いるはずなのに「この場にきやがらんと何しとるんじゃ、どあほ!」と隣にいた大西宏幸市議会議員についやつあたりをしてしまった。
興奮ついでに「あんた市会議員やってる場合とちゃうで!」「君が次いけへんかったら俺が立候補する」と大見えを切りたくなるような国会議員2名の寒い、心のこもっていない祝辞でした。
(ちなみに大西議員は大阪防衛協会青年部の会員であり、とても人格の高い徳のある人物であることお断りしておきます)

oonisihgiin.jpg

「生活より国防」・・・なんでこんな当たり前のことが世の中のほとんどのもんがわからんのか。保守はやり方、行動がすべてストレートすぎて戦略がないとよく言われるがそれをくみしてもなんともやりきれない気持ちになりました。こんな時こそ国会議員、府議会議員、市議会議員、それぞれの首長ははこぞって自衛隊を応援し励まさないといけないのに、お前ら血も涙もないんか、そやから民主党に大負けするんじゃ・・・幸福実現党のほうがまともなこといっとる。。と思ったのは私だけでしょうか。

自民党は選挙前に私たち大阪防衛協会青年部会の実施した安全保障に関するアンケートに対してもほとんどの議員が無回答でした。触れたくない問題に対して無関心を装うことが自らの立場を貶めるという簡単なことが分からないあほな議員は落ちても当然かとひとりごちしました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。