FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズサマーフェスタ 

カテゴリ:海上自衛隊

7月18日(土)、海上自衛隊阪神基地隊において開催された「キッズサマーフェスタ」に行って来ました。この日は3連休の初日ということで道路が大混雑。また、阪神基地隊のある魚崎浜町の駐車場も満車が続出という状況でした。今回のイベントは、潜水艦、護衛艦、飛行艇という3つの目玉があり、大変な盛況でした。キッズという名前から、子どもをメインターゲットにしたイベントであると思いますが、子供連れだけではなく幅広い年齢層の人々で賑わっていました。

キッズサマーフェスタ

飛行艇が飛来する時間になると、南側の岸壁沿いは黒山の人だかりで、全員今か今かと遠くの空を見つめていました。西の空に、低空を飛行する飛行艇の姿を発見すると、あちこちから歓声が起こりました。この日飛来した飛行艇は、岩国飛行基地所属の救難機US-1Aで、偶然にも2日前にかかみがはら航空宇宙科学博物館にて退役機の実機展示を見学したものでした。説明では、4発のプロペラ後流の利用と専用ジェットエンジン駆動による空気の吹き出しなどの高揚力装置や波消し装置によって波高3メートルの荒天の洋上にも安全に離着水できるということで、この性能は世界一ということです。日本の高い技術力を体現した誇るべき飛行艇ですが、さらに嬉しいことに、この機を製造したのは関西の会社である新明和工業株式会社です。しかも、工場は阪神基地隊の目と鼻の先、阪神高速湾岸線の東神戸大橋の向こう側にあります。機体に心があれば今回の飛行は里帰りみたいに感じたかもしれません。


01救難飛行艇

潜水艦の特別公開は、今回のイベントの目玉中の目玉と言って過言ではありません。午前中2時間半、午後1時間45分の公開でしたが、私が会場入りした10時過ぎには既に午後の順番を待つ列が出来ていました。結果的に炎天下での長時間の行列による健康被害に配慮されてか、午後の部については抽選を実施することになり、行列は解散しました。先頭に並んでいた人が隊員に苦情を言う場面もありましたが、多くの来場者にとっては健康面や時間の有効利用という面でメリットが大きく、英断であったと思います。

02潜水艦

潜水艦の行列が解散したお陰で、ゆっくり昼ごはんを食べたり、護衛艦を見学したりすることが出来ました。昼ごはんの一番人気は「名物海軍カレー」300円で、こちらも順番待ちの長蛇の列が出来ていました。この日一般公開された護衛艦は「むらさめ」で、基準排水量4,550tの堂々たる体躯で来場者の目を引いていました。八角形の3次元対空レーダーがマストで回転している様が、軍艦独特の雰囲気を醸し出していました。後から調べて分かったことですが、このレーダーはアメリカから買ったものではなく、三菱電機製の国産品ということです。後部の飛行甲板には哨戒ヘリコプターSH-60Kが展示されており、人気を博していました。

03護衛艦

そして、いよいよ潜水艦乗艦の抽選の時間がやって参りました。沢山の見物客が群がる中で、どうやって抽選を行うのか疑問でしたが、さすがは自衛隊と感心するやり方でした。それは、まず10人を横一列に並べさせて座らせます。次に前の10人の後ろにつく形で、さらに10人を座らせます。この手順で見る見るうちに手際よく10列縦隊が出来上がりました。これで簡単な掛け算で全体の人数が把握できます。そして、当たりくじに適切な数量の空くじを加えることが出来たのです。あとは、前から順にくじを引いていくという寸法です。我が家は、息子○、私×、妻○という結果でしたが、妻が当たりくじを譲ってくれたので、息子と二人で潜水艦に乗艦することが出来ました。見学順路は中部ハッチから垂直はしごを下り、士官室→発令所→発射管室→食堂→機械室と見て回り後部ハッチから出るというものでした。艦内は写真撮影禁止ですので、手荷物や携帯電話は全て岸壁にて預けた上でタラップを渡ります。潜水艦の甲板の上に立ってみると、意外にもフラットで安定しており、停泊している分には歩行にも全く問題がありません。そして、いよいよハッチから垂直はしごを降下。私は体重もウエストも100超なので、うまく降りられるか心配でしたが、問題なく降下出来ました。艦内に神棚がありましたので、まずは賽銭を供え二拝二拍手一拝。発令所では潜望鏡を覗かせて頂きましたが、護衛艦の甲板を歩く人の姿が鮮明に見え、性能の高さをうかがい知ることが出来ました。「空調が良く効いていて涼しいですね。」と自衛官に話しかけたところ、これらは機械を冷やす為の空調で、機械が稼動すれば気温はみるみる上昇するとのことでした。快適なのは停泊中だけのようです。それと、真水は大変貴重であるため、洗面やシャワーでは必要最小限しか水を使わないように工夫しているとのことでした。任務が長くなれば数週間から数ヶ月も潜りっ放しでお天道様を拝めないという、心身ともに強靭でないと務まらない職場です。寝るところも3段ベッドで、ごくごく限られたスペースでした。キッチンは火を使えないということで、全て電気で調理するとのこと。限られたスペースを有効に使って配置された調理器具は、システムキッチンの先駆けとなったそうです。「料理は美味しいですか?」と聞いたところ、「私が料理長です。」と。愚問でした。

04乗艦

今回、キッズサマーフェスタに初めて参加しましたが、参加者の多さと内容の盛り沢山さに感銘を受けました。自衛隊をPRするにはもってこいのイベントであると感じました。参加者はリピーターも多いのでしょうが、普段自衛隊に無関心な層にも、もっともっと足を運んでもらうべく、PRをして行きたいと思います。

05盛上り

文責 副会長 辻 輝也






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。