スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太山駐屯地研修事業報告 

カテゴリ:青年部会

6月20日信太山駐屯地にて研修事業を行いました。
この駐屯地は日清・日露戦争において勇名を馳せた旧陸軍野砲兵第四聯隊が、大正8年11月に大阪法円坂より移駐し、終戦まで駐屯し、終戦後の昭和20年から昭和32年までは米軍が海兵隊の下士官養成学校として使用していましたが、昭和32年9月、陸上自衛隊信太山駐屯地として開設されました。駐屯地の面積は約20万平方メートルで甲子園球場の約5倍の広さがあり、第17代履中天皇の皇子である市辺押歯皇子の墓といわれる鍋塚を中心に、各隊舎、厚生センター、体育館が整然と配置される緑が多い駐屯地でもあります。また旧軍時代からの建物も数多く残っており、特に旧将校集会場は野砲兵第四聯隊が大阪法円坂より移駐時に、明治天皇の娘婿であられる当時の第一大隊長、北白川宮成久王殿下の執務室として建設され、その後終戦まで将校集会場として使用された建物で、歴史的価値も高く、現在では修史館(資料館)兼幹部集会場として使用されています。
(HPより抜粋)

まず最初に信太山駐屯地司令兼ねて37普通科連隊連隊長の大庭秀昭一等陸佐より駐屯地の概要と陸上自衛隊の現状についての講話をいただきました。この駐屯地は大阪府唯一の普通科部隊として警備任務にあたる第37普通科連隊や駐屯地業務隊、第三直接支援中隊、会計隊、基地通信隊、警務隊などが駐屯しています。大庭連隊長は統合幕僚監部や西部方面隊の防衛課長を歴任されてるだけあり、実にわかりやすく端的に現在の我が国の安全保障について説明いただきました。

rentaityokouwa.jpg

そのあと資料館を見学いたしました。旧軍の資料や地元の篤志家から寄贈された資料・遺品が所狭しと展示されています。駐屯地の歴史は自衛隊の歴史そのものであり我が国が近代国家となるために多くの方々の血と涙と犠牲が払われてきたと思うと感慨深いものがあった。
kikusui.jpg
そのあと軽装甲機動車に体験搭乗させいていただき。若手隊員を交えた意見交換会をバーベキューとともに行いました。普通科連隊の中隊長から尉官、陸曹まで様々な方と我が国の守りについて自衛隊という組織について、日々の訓練についてひざを交えて話をいたしました。
babekyu.jpg

このような交流会を実施したときに感じることが自衛隊という職業の尊さと自分たちの命を賭して私たちの生命と財産を守ってくれる自衛隊員の純粋さに心をうたれる。いざという時のために毎日つらい訓練を重ね最強の集団であるために常に志を高くもち、万全の備えを怠らない。日本男児としてこの方たちを応援、支援することは当然である。

駐屯地にある装備品、車両、施設はかなり年季が入っており、これでわが国が守れるのか疑問を呈するところであるが、大庭連隊長自ら「自分たちは与えられた装備品で与えられた任務を遂行することが自分たちの使命と考えています。」と言われる。。涙が出るぜ・・・
よく見れば駐屯地にある車両は等間隔、水平垂直に配列され装備品も古いがピカピカ。。これこそが自衛隊の矜持と改めて感じさせていただいた。生活が一番と言っているアホの国会議員に見せてやりたいと思った。普通どの家でも自家用車は10年くらいで買い替えるもので自衛隊員の気合いだけでは抑止になりえない。。長持ちするのは徹底した整備力の賜物だが装備品すべてが現在の我が国に国力・経済力に見合ったものではないことはだれがみてもわかるものである。

会食の中で大庭連隊長はレンジャー出身とお聞きした。全身筋肉のような方だが連隊長になるにふさわしい「知情意」を兼ね備えた素晴らしいリーダーである。もう少し身長が高ければ今頃ブラウン管の中で活躍か(笑)・・というほどのまさにナイスガイである。レンジャー訓練もさまざまあるのだが、いずれの訓練も筆舌に尽くし難いほど過酷なことで知られており、これらを卒業して左胸に「レンジャー徽章」を付けた隊員は、他の隊員から多大な尊敬と信頼を得ている。訓練期間中、学生は、教官からの指示には絶対服従であり、すべての指示に対して一切の反論は許されず、「レンジャー!」と返事をするらしい。ちょうど6月22日にレンジャーの帰還式にお誘いいただいているのでその時にレンジャーについて詳しく述べさせていただこうと思う。
babekyushasin.jpg
とにもかくにも国民がもっと自衛隊のことを知らなければならない。。。国の守りについて知識を持たなければならない。防衛予算にしてもGDPの1%がいくらなのかではなく私たちの平和と安全を守るために存在する自衛隊が誇りを持って活動できる環境をつくることがまずもって私たち国民の義務と考える。自衛隊員やその家族が生まれ変わっても自衛隊員でありたいと思い、小学生が将来なりたい職業NO.1であり、世の中で一番尊い職業が自衛官であるということを学校で習うような、そして国民のヒーローであり続ける職業になること。そういった時代を作っていくのは政治家だけではなく国民ひとり一人で、自分の国は自分で守ることの大切さをもっと広く伝えなければならないと感じました。

jieitaiin.jpg

大庭連隊長をはじめとし設営・窓口担当いただきました広報室の皆様には本当感謝する次第である。この連隊は普通科なので特に変わった装備品もない。しかしながら強靭に鍛えられた隊員がこの連隊の資産である。彼らと多くのことを語りあい自衛隊について理解を深めることができたことは実に意義深く今後も継続させていきたい事業である。
最後に連隊長が御挨拶で私どもの会の存在自体が自衛隊の支援となると言っていただき感謝するとともに本当に心強く感じました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。