FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太山駐屯地成人式 

カテゴリ:陸上自衛隊

表記の行事が1月10日に執り行われた。
体育館内で厳粛な空気の中で来賓としてご招待いただく。

IMG_1948.jpg


駐屯地司令の古庄信二1等陸佐の祝辞は[一隅を照らす]という故事を引用され、人間に生まれたことを喜び、ご祖様や子孫を大切にし、自らも尊い人生を大切に活かし精進する人になろうという実に含蓄深い内容であった。


「一隅」とは今自分がいる場所や置かれた立場を指し、一人ひとりがそれぞれの持ち場で最善を尽くすことによって、まず自分自身を照す。そしてこれが自然に周囲の人々の心を打ち、響いていくことで他の人々も照らす。そうしてお互いに良い影響を与え合い、やがて社会全体が明るく照らされていくということ。私も本業の朝礼で同じことをよく話すのでこの挨拶はかなり共感した。

IMG_1950.jpg

特に今回の新成人35名が他の成人と異なるのは皆が職業人というところである。

すでに身を持って国民の負託にこたえるという職務宣誓を行い、自分の仕事を自己に与えられた天命と心得、自己犠牲の精神を持って日々訓練に打ち込む彼ら精鋭は駐屯地司令の話の内容をしっかりと受け止められたことであろう。

国を守ること、国民の生命と財産を守ることを天命とし、自身の生き甲斐を仕事の中に感じることができる世の中で最も貴い仕事である自衛官として益々活躍されることを心から願った。また彼らが一隅を照らしてくれるおかげで世の中全体が照らされていることをもっと知らしめなくてはならないと感じた。

IMG_1953.jpg


記念写真も凛とした姿でこれぞ日本の成人と胸を張って言えるいい姿であった。

IMG_4979.jpg


女性隊員もいらっしゃったので一緒に記念写真をお願いした。同伴されたお母様も一緒に撮ってもらった。
私も年頃の娘がいるが彼女のように国のためになる仕事についてもらうことは人としての冥利に尽きると思った。

IMG_4981.jpg

そのあとの祝賀会食はトンカツと赤飯。。。新成人といろいろな話をしながら相伴する。
前日に地元の成人式に参加し震災大変だったねと友人からいわれたこと。いい仕事してるねとみんなから質問攻めだったこと。久しぶりに地元に帰って親と話をしたこと。。。。

とてもいい話をたくさん聞かせてもらった。。

彼ら新成人のいやさかを心から願う。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。