スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37普通科連隊年末餅つき大会 

カテゴリ:陸上自衛隊

表記のイベントが12月22日に行われご招待いただいた。

中隊ごとにテントが張られてそれぞれ杵と臼で大量の餅をつきまくる。。
とても和やかな雰囲気でどの天幕も笑いが絶えない。。

毎年行われる行事なので隊員の方々も慣れたものである。

taiinn.jpg

私もへっぴり腰ながら参加させていただいた。。なかなか隊員のようにはいかないもので衰えを感じてしまう。。

watasi.jpg

古庄連隊長もすべてのテントを廻り餅をつきまくる。。凄い体力の持ち主である。。。あまりのパワーに石臼が砕けてしまうかの勢いであった。

rentaityou_20111223170534.jpg

もち米を蒸すのは炊事車である。。大量の米を一気に蒸しあげる。。豚汁も作られていた。。。
きな粉餅やあんこ餅、大根おろしなどレパートリーも多く大きな餅を3つもいただいてしまった。。。
精鋭がつく餅をいただきパワーをもらった気がした。


suijisha.jpg

それぞれのテントでは訓練の合間の休息のせいかとても楽しそうでまた集団の中の良さ連帯感の強さが見て取れた。餅つきであっても一致団結されている姿は本当に頼もしい。みんなが明るくさわやかで見ているだけでも気持ちがいい。。家族を連れている隊員もいて本当にいい光景を見せてもらった。

kandan.jpg

本年の自衛隊参加行事は本日で最後になる。。
一年間防衛協会を通じて日本中の志を同じくする多くの仲間や我が国の誇りである自衛官の方々と知り合う機会をたくさんいただいた。

その中で我が国の自衛隊は彼ら精強一人ひとりによって支えられていることを若い隊員のハキハキした挨拶や、目の輝きを見て実感した一年であった。

本年の東日本大震災をはじめとする災害派遣の際に危険を顧みずに自分のことより家族のことより、公のために誠実に働く自衛官の姿にはだれもが心を打たた。

その世の中でもっとも尊い職業である、また我が国の「宝」である自衛官を私たちは 今後一層支援し、彼らが誇りを持って任務を遂行出来る環境をさらに作っていかなければならないと思う。

私たち大阪防衛協会青年部会の「坂の上の雲」は私たち会員一人ひとりの心の中にあり、この国のかたちは自分たちが自ら作るという志をもって来年も活動いたします。

今後とも大阪防衛協会青年部会の活動にご協力ならびにご指導賜りますようお願い申し上げます。

全国防衛協会連合会青年部会 副会長
近畿ブロック防衛協会青年部会連絡協議会 会長
大阪防衛協会青年部会 会長

鷺岡 和徳


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。