FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪防衛協会平成23年度会員総会と自衛隊激励会 

カテゴリ:未分類

表記の会が6月6日にホテル阪急インターナショナルにて行われた。

早い時間からの総会は昨年度の事業報告と決算報告本年度の事業計画と予算案、役員改選という普通の総会であった。。。私ども青年部会の活動報告として中止となった昨年度の「OSAKA防衛・防災フェスティバル」の支援と協力のお礼並びに緊急事業の自衛隊支援ステッカー運動の告知をさせていただいた。

総会行事では幹部自衛官の方々も入場され井上礼之会長の挨拶、来賓代表として荒川龍一郎中部方面総監の挨拶(この挨拶には久しぶりに感動した。。。いつも通りの軽い語り口なのだが東日本大震災の被災地支援状況や自衛隊指揮官として参加者に対する自衛隊に対するお願いなどが的確にわかりやすく自身のお言葉で述べられておられプレゼンテーションの能力の高さに驚いた。。)

そのあと東日本大震災災害派遣部隊の活動状況について陸上自衛隊、海上自衛隊からパワーポイントを使用しわかりやすく説明があった。

P6060003.jpg

そのあとはがき賞の贈呈があった

はがき賞というのは官製はがきの裏面に「賞」という赤い判が押しているだけのものであるが教育隊では新入隊員に何かでいい成績を修めたり善行があった場合に上司にこのはがきをもらうことが出来る。

つまり部隊内競技の○○大会で優勝したとか任務達成に大きく貢献した自衛官は誰からも称えられ賞賛を得ることが出来るがたとえばいつもドアのノブをピカピカにしているとか取るに足らない、日常的な「誠実さ」 「愚直さ」 「根気強さ」が求められるような、言いかえれば一隅を照らすような人知れず活躍をする自衛官に対して管理者や上官はそれを決して見逃してはいけない。

このはがき賞をもらった隊員はこのはがきに日常の訓練の様子や賞をいただいたことなどを書いて家族に送るという風に使われる。。よく出来たものといつも感心する。


P6060014.jpg

記念後援は外交ジャーナリストの手嶋龍一氏で「新しい日本の矜持と責務」という演題でお話をされた。
得意のインテリジェンス論を滔々とお話しされた。。

日米の状況、アメリカの中の東アジアや環太平洋の位置付け、その中での日本の在り方等を国内外の要人の発言や、裏話を交えてお話をされた。

以下要旨

・過日の中国人船長はその筋の人(情報関係者)の可能性が高い。

・インテリジェンス(極秘情報)とは、膨大な一般情報の海から貴重な情報の原石を選び抜いて、
 その真贋を確かめ、周到な分析に加え、情報が意味する全体像を描き出すこと

・優れたインテリジェンス・オフィサーは、河原に転がる石ころにも似た雑多な情報、つまり「インフォメーショ ン」から、ダイヤモンドの原石にあたる素材を選り分け、その意味を読み解いて「インテリジェンス」に昇華さ せていく。

・インテリジェンスとは、決断に役立つものでなければならない

・「決断を委ねられた者」は、ある情報に対する関心の所在は伝えなければならないが、その情報をもとにいかな る決断をするかは、断じて部下に気取られてはならない

・組織のトップは、インテリジェンス・オフィサーに決断に関与させてはならない

誤解を恐れずに言うとそんなに面白い話ではなかった。。周りの方々みんな寝ていた。。。自衛官の方々も眼を開いて寝ている方たくさんいた。著書はかなり面白いのだが。。小説家向きなのねとひとり納得。

講演内容で一番印象に残った言葉は、「日本の首相も、サッカー日本代表や日産自動車のように、海外から優秀な指導者を招聘するしかないのでは…」そうならないように願う日々である。



P6060021.jpg

懇親会の乾杯は陸上自衛隊3師団長の藤崎護陸将 航空自衛隊幹部候補生学校長の古賀久夫空将補、海上自衛隊阪神基地司令の山本高英海将補の3人そろい踏みで行われた。

今回の懇親会は自衛隊感謝・激励会ということで応援歌や様々なしつらえで自衛隊の幹部の方々に楽しんでいただいた。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。