スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年観艦式 

カテゴリ:未分類

海上自衛隊の観艦式が10月14日に相模湾沖で開催された。毎年自衛隊創設記念日前後に行われる観閲式は、陸海空各自衛隊の持ち回りでおこなわれ3年ぶりの海上自衛隊の観艦式となった。定員が限られている中で御招待いただいた防衛大臣に感謝する。

横須賀のホテルに前泊をして朝の6時前に海上自衛隊横須賀基地の正門前に入場し金属探知機他のボディーチェックを受けて吉倉桟橋へいく。

IMG_0975.jpg

今回乗船させていただくのはそこで待っていてくれたのは「護衛艦いせ」でひゅうが型護衛艦(ヘリ搭載型護衛艦・ヘリ空母)の2番艦である。ヘリ(VSTOL機)を22機搭載可能の昨年に就航したばかりの新鋭艦である。

IMG_0985_20121018202919.jpg

今回の観艦式には艦艇45隻、航空機18機、隊員約8000人が参加。また、2002年以来10年ぶりに外国艦艇が招かれ、米海軍やオーストラリア、シンガポール海軍の艦艇が祝賀航行を行う。韓国の艦船も当初は参加予定ではあったが中止となったと聞き及ぶ。

また当初参加予定だった海上保安庁の巡視船は尖閣諸島警備のため参加を取りやめとなった。写真はオーストラリアの艦船で色が白っぽいのはこの色が現地の珊瑚礁の多い海での迷彩色であると聞く。

搭乗口から乗船し、格納庫に入り、そこから昇降機で一気に飛行甲板へあがる。気分もあがりまくりである。飛行甲板は約200メートル。かなりでかい。当日は雨で海霧もあって厳しい気候であった。しかし薄着の海上自衛官は全く辛そうな顔をしないのが素晴らしい。

PA140116.jpg

艦内では弁当も販売されていた。まあまあ美味しかった。

IMG_0997.jpg

呉音楽隊が格納庫の中でミニコンサートを開いてくれる。彼らのホスピタリティにはいつも頭が下がる。。

PA140136.jpg

ヒト・ヒト・サン・マル時に観艦式の海域に到着する。観艦式が始まるとこんな感じとなる。灰色の空と海の中をさまざまな護衛艦が水面を切り裂いて進む姿は勇壮である。

この日の観閲官である野田首相は「我が国を巡る安全保障環境は、かつてなく厳しさを増している」「国防に想定外と云う言葉はない。困難に直面した時こそ、日頃養った力を信じ、冷静沈着に国のために何をすべきかを考え、状況に果敢に立ち向かってほしい」といった内容の訓示をしたと翌日の新聞に書いてあった。

多分周りにいた自衛隊員の心には全く響いていないであろうことが推測される。。さっさと今月中に臨時国会を召集して衆院を解散せよ!今の民主党が一日も早く政権を返上することが日本の安全保障、最大の抑止になると考える。。

PA140143.jpg

いせに搭載するヘリの発着を間近でみる。。航空機とは異なり我が国のイージス艦6隻のうち5隻を三菱重工、1隻をIHIが造った。いわゆる国産である。ヘリ空母のひゅうが型は2隻ともIHIで、その他の護衛艦も潜水艦も全部日本製である。 日本の軍事技術力は素晴らしいと思う。韓国のなんちゃってイージスとは大違いである。

ただイージス戦闘システムはロッキード社を直接輸入するライセンスの形であることが残念である。しかしながら日本も現在FCS−3という独自のシステムを作りつつあるとどこかで聞いたことがある。

PA140180.jpg

航空機も編隊飛行。。富士の総合火力演習含めて自衛隊行事をNHKは中継もしくは真剣に報道せよ。自衛隊員の日頃の訓練や生活から護衛艦をはじめとする各装備品の解説、離島防衛を中心とした我が国の防衛の取り組み。。

民放も2時間枠で番組をどうして作らないのか不思議である。くだらんしょうむないバラエティーしか作らんと国策としてメディアは一斉放送をするべきという法律の施行を願う。

PA140174.jpg

今回は多くの方にご配慮いただき海上自衛隊の素晴らしい訓練展示を見ることが出来、他国とはレベルが違いすぎると言われる海上自衛隊の練度の高さをしっかりとこの目に焼き付けることが出来た。 
スポンサーサイト

全国防衛協会連合会青年部会 第12回研修会 東北・宮城大会 

カテゴリ:全国防衛協会連合会青年部会

表記の大会が10月6・7日に仙台にて行なわれた。まず臨時総会が大会前に行なわれ北海道・富山県の防衛協会の全国組織加盟が承認され、2014年の研修大会の大阪大会の認証があった。

記念講演では東北方面総監部 政策補佐官の須藤彰氏の東日本大震災での被災者救援のお話をいただいた。震災時には君塚総監のもとで自衛隊の被災者の救援、支援活動を事務官の立場でありながらともに行ない本省との連絡パイプ役として尽力され「すべては被災者の為に」と身を粉にして救援活動をされた隊員が何を思い、何をしたのかを明確にお話しいただく。

自分の身内も連絡が取れない中での救助活動、雪の中や腰まで水につかっての捜索活動、即応予備自衛官とともに行なった支援物資の輸送、本来自衛官が行なうものかどうかと個人的に思う心温まる生活支援活動(女性自衛官が被災者から支援のニーズを聞いている写真は頭が下がる思いでした)、音楽隊による慰問コンサート、米軍によるトモダチ作戦。。。

彼らのおかげで多くの国民の命が救われ再び立ち上がる勇気を得ることが出来たと確信する。自衛隊に対してすべての国民が深い信頼と大きな感謝の念を抱いたことも確かである。

IMG_0762.jpg

その後大会式典が開始され全国組織の中で副会長である私は開会宣言をさせていただく。

IMG_0767.jpg

陸上自衛隊東北方面総監の田中敏明陸将からも祝辞をいただく。田中陸将は、陸幕教育訓練部長や第2師団長を歴任された人物である。特科いわゆる砲兵が職種であるが見た感じは歩兵っぽいねと友人と話をする。

IMG_0766.jpg

いろいろな方からご挨拶を頂戴し、懇親会は音楽隊のジャズ演奏でスタート。全国から集まる青年部会の会員が一同に会し、様々な問題について話し合う。この被災地において自衛隊に対する信頼はかなり深まってはいるが本来任務である国防についてどれほどの方が理解しておられるのか。。。

IMG_0768.jpg

国民の生命と安全を守る仕事は警察や消防など他の機関もあるが国を守る仕事は自衛隊員だけであることをもっと多くの人たちに理解をしてもらいたい。安全保障に対する正しい知識をもっと広めなくてなならない。。多くの志を同じくする会員がこのような内容を2次会、3次会まで語り合った。

IMG_0769.jpg

全信太山駐屯地司令、37普通科連隊長の大庭秀昭一等陸佐が東北方面総監部の防衛部長として上番されておられ久しぶりの再開と共にしばし話し込む。。東北の地でも年中半袖の戦闘服で過ごされる。自宅には暖房設備を設置せずに365日、24時間有事の状態を想定しいつも出動出来るよう備えておられる姿に感動。。まさに彼は自衛官の鑑。寡黙で実直、正義心が強く、温かい人柄・・・翌日も一緒に青葉城まで早朝ランニングをする。

写真

翌日のエクスカーションは霞目駐屯地から自衛隊のヘリとバスを使って被災地を視察。上空から見た被災地はがれきはほぼ片付いてはいるが復興にはほど遠い状態。。。

多くの方がお亡くなりになられた宮城野地区で慰霊のため手を合わせる。。この大会を通して私たちすべての会員はさらなる国防意識を涵養し自分の国を自分たちで守る為にはまず何をしなければならないかを再度考え実行する勇気をいただいたと確信する。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。