スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州・沖縄地区防衛協会青年部連絡協議会 第29回鹿児島大会 

カテゴリ:全国防衛協会連合会青年部会

今回の記事は 副会長の 辻輝也が書かせていただきます。


平成23年9月16日(金)と17日(土)の2日間にかけて実施された標記の大会に、大阪防衛協会青年部会メンバー8名が参加して参りました。近畿地区に属する我々が他地区の大会に大勢のメンバーで押し寄せるのは極めて異例であります。

P1010257.jpg


これはひとえに今回事前に案内のあった、とある魅力的なプログラムに引き寄せられた結果であります。

後に詳述するP-3C体験搭乗というのがそれです。いわばエサにつられ、大挙して押し寄せた大阪メンバーでありましたが、結果的に非常に勉強になる意義深い大会を経験させて頂き、大満足のうちに帰路につくことが出来ました。主管の鹿児島県防衛協会青年部会の皆さん、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

さて、今回の大会の開催地は鹿児島県の鹿屋(かのや)という場所です。
知覧と聞いてピンと来る人は多いでしょうが、鹿屋の名前は聞きなれない人が多いのではないでしょうか。実は先の大戦で共に特攻基地となった場所なのです。

知覧が陸軍の飛行場であったのに対し、鹿屋は海軍の飛行場でした。出撃戦死者数は知覧の436名に対し、鹿屋は908名と実に倍以上なのです。にも関わらず鹿屋のこと、そしてここから出撃し散っていった英霊達のことが、今の日本国民に十分に認知され追悼がされているか甚だ疑問を感じるところです。

大隅半島の中ほどに位置する鹿屋は、決して交通至便という訳ではなく、また周囲に有名な観光地がある訳ではありませんが、もっと国民の知るところとなり、多くの人に追悼に訪れても!
いたいと願わずにはおれません。

P1010294.jpg

初日は海上自衛隊鹿屋航空基地史料館を視察研修させて頂いた後、ホテルさつき苑に場所を移し、大会式典ならびに懇親会が実施されました。史料館は限られた時間の中で、十分に隅々までゆっくり見ることができなかったのですが、何といっても注目の的だったのは、ゼロ戦、すなわち零式艦上戦闘機の実物展示です。

P1010240.jpg

これは錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた2機のゼロ戦を相補う形で1機に復元したものだそうです。驚くべきことにエンジンも完璧に近い状態で復元され実際にかけることができるそうです。


P1010244.jpg


大会式典は非常に立派な大きな宴会場で粛々と実施され、立派な会場に相応しい、非常に素晴らしく心をひきつける挨拶を主催者代表の九州・沖縄地区防衛協会青年部会の野々口会長、そして来賓の陸上自衛隊西部方面総監の宮下陸将らがなさいました。

P1010246.jpg


懇親会では鹿児島の海の幸、山の幸がふんだんに振る舞われ、なによりご当地名物の芋焼酎がおいしくて、酒の進むこと進むこと。

IMG_0777.jpg


あっという間に気持ちよく酔いがまわり、楽しい余興とも相まって、大盛り上がりのうちに閉会となりました。

IMG_0776.jpg


2日目はいよいよP-3Cの体験搭乗の日です。前日心配していたお天気も晴天とはいかないものの、飛行に差し支えがなさそうで一安心。再度、海上自衛隊鹿屋航空基地に足を運びます。前日も同じホールでご挨拶頂いた第1航空群司令の出口海将補の防衛談話を拝聴します。

IMG_0796.jpg


出口群司令の顔つき、そして群司令を見つめる我々の顔つきは前日のここでのものとは正反対。前日はとても緊張感あふれる難しい顔つきだったのに、この日は出足から笑顔。それもそのはず、出口群司令の楽しいお人柄が前日の懇親会で大爆発、特に大阪ご出身だということで、我々大阪メンバーのテーブルには長くご滞在頂き、爆笑トークを繰り広げて帰られたのです。

IMG_0793.jpg


談話のテーマは「国民に知って頂きたい海上自衛隊の活動状況等」というものでした。まず冒頭にスライドを使っての自己紹介から。氏は昭和37年生まれの49歳、若い! そして、大阪府堺市出身で、三国ヶ丘高校から駿台予備校を経て、岡山大学へ。この駿台予備校を入れるところがミソだそうで、これで同窓生がぐっと増え、人間関係を構築しやすいそうです。

本当におもしろい司令ですが、趣味のところに臆面もなく「お笑い」と明記されています。話口はお笑いなんですが、勿論内容は濃いもので、難しい話を興味深く分かり易くお話されます。防衛力の役割として、①実効的な抑止及び対処、②アジア太平洋地域の安全保障環境の一層の安定化、③グローバルな安全保障環境の改善と説明され、この3番目の実現のために、海洋秩序の維持のための積極的な取り組みが重要とのことでした。

具体的には潜水艦やイージス艦の数を増やすことが盛り込まれていますが、財務省にこれを認めさせるについては、出口群司令の話術が大貢献したようです。海賊対処活動の現状についても、地図や数字を指し示して大変分かり易くご説明頂きました。

P-3Cが2機配備されたジブチの活動拠点についてもご説明頂きましたが、高温の厳しい環境下において、プレハブの簡易な建物を拠点にご活躍頂いている自衛官に、改めて感謝すると共に応援する気持ちを固くした次第です。

出口群司令の談話が終わり、バスに乗り込み、いよいよP-3Cの体験搭乗へ。P-3Cは海上自衛隊の誇る最新鋭の哨戒機、すなわちパトロール機です。主に潜水艦相手ですが、不審船やガス田も監視します。乗員は11名で、東京からハワイまでも飛べる航続距離を誇っています。

P1010296.jpg


見た目で特徴的なのはプロペラが4機ついていることです。B-29みたいですが、顔はそんな強面ではなく、髭を生やしたような愛らしい顔つきです。もっともこれは髭ではなく避雷針だそうですが。

P1010287.jpg


機内は色々な設備が並んでいますが、一切撮影禁止でした。簡単な椅子に腰掛けて、シートベルトを締めて、いざ滑走路へ。両翼で4つのプロペラが勢いよく回っています。プロペラの後方には大きな排気口が。プロペラ機にしては大きい排気口だなぁと疑問に思いましたが、後から調べて納得。

プロペラ機はプロペラ機でもP-3Cのエンジンは普通のレシプロエンジンではなく、ターボプロップエンジンというものだそうです。ガスタービンでプロペラを回す仕組みとのこと。

天気が良ければ錦江湾を一周し、桜島も開聞岳も見渡せるとのことでしたが、この日は生憎の曇り空。志布志方面に一直線に飛んで行きUターン、鹿屋上空を突き抜けて指宿へ、再度Uターンし鹿屋へ着陸という、約30分間のフライトでした。

雲の中で全く何も見えない状態でも計器だけで安全に飛行出来るとのこと、当たり前かもしれませんが大したもんです。コクピットにも入らせて頂き、パイロットの後ろの補助席に途中から着陸まで居座らせて頂きました。コクピットのみ撮影可能ということで、着陸の映像を撮影することが出来ました。本当に貴重な体験をさせて頂き、より一層海上自衛隊に惚れ込みました。

動画はこちら

こういった各地方で実施される各種大会に参加できるのも防衛協会青年部会の醍醐味です。陸海空の様々な任務を持った部隊を見学することが出来ますし、今回のような体験もさせて頂けます。

また、全国から同志が集まり酒を酌み交わせることは何よりの喜びであります。私に関しては、7月与那国石垣、8月富士、9月鹿屋、10月百里、11月松山と、防衛協会で5ヶ月連続で研修旅行が入っており嬉しい悲鳴を上げております。

今回の鹿屋も素晴らしいものでした。改めて関係者の皆様にお礼申し上げます。
スポンサーサイト

自衛隊大阪地方協力本部創立56周年記念祝賀会 

カテゴリ:自衛隊大阪地方協力本部

表記の会が9月4日に執り行われた。
後ろの方の席だったのでうまく写真が撮れていないが中野成典本部長の挨拶があり支援団体代表者の挨拶で始まった。本部長は支援団体の方々の協力で自分たちの仕事が成り立っていることへの感謝の意を述べ、震災を通じて「今日に即応し、明日に備える」心構えの必要性を感じられたとおっしゃっていた。

IMG_0419.jpg


西日本の自衛隊協力本部のかなめとしての大阪地方協力本部の長としての力強い軍人らしい挨拶であった。

そのあと国会議員が紹介されいつものように数分間の挨拶があった。皆一様に震災における支援活動に対する賞賛と感謝の意を述べられていたが数人の国会議員を除いて薄っぺらいものを感じたのは私だけではないと思う。

IMG_0422.jpg

父親が自衛官であると自衛隊行事のたびにアピールする議員は自身の政策に国防という文字が全く入っていない。。。(労働組合に遠慮されているのはよく知っているが)
誠のない言葉は人の心に届かないことを目の当たりにした。
父兄会の会長が挨拶でそのことをおっしゃっておられ会場から拍手喝さいを受けていた。

この祝賀会で個人的にとてもよかったのが
大阪地方協力本部歌の披露があった。
歌詞を披露すると

1、古き都の浪速にて
  平和を守る防人は
  募集に援護に熱もやし
  明日の日本を思いつつ
  集いし我等 大阪地本

2、天空高き大阪城
  堀のほとりの赤レンガ
  国の守りの基礎をなす
  防人育ての登竜門
  集いし我等 大阪地本

3、朝日に燃ゆる生駒山
  清き流れの淀川に
  北や南と駆けめぐり
  使命を果たす我が同志
  集いし我等 大阪地本

実際の曲はこちら
と思ったが音楽を張り付ける方法がわからない・・・(とても素敵な曲です)

陸上自衛隊富士総合火力演習その2 

カテゴリ:陸上自衛隊

過日の総合火力演習に同行した会員の家族(子供)からの感想文をいただいたので披露させていただく。。


apati.jpg

①北山拓海

ぼくは行く前に、自衛隊は知っているけども、どんな練習をしているのだろうと思っていました。
火力演習を見て、そこまで音がうるさくないと思ったけど90式戦車が、すごく音がして風がすごくきつくて、
たおれそうになりました。

ぼくが一番すごいなと思ったのは、96式多目的ゆうどうだんです。なぜかというと、ミサイルを発射する車で、
どんな車や飛行機でも、目標に命中させることです。
ぼくがヘリコプターで一番すごいと思ったのは、64Dアパッチロングボウです。
すごくかっこよかったのでおみやげに買ってもらいました。

一番ざんねんだったことは、戦とう機が音だけで雲の上に飛んでいるんだなぁ
と思っていたけど見られなかったことがざんねんでした。

今回見にいって、自衛隊がこんな練習をしているんだなと思いました。


②北山美由紀

私は、もともと自衛隊を題材にした小説などで少しは自衛隊のことを知っていたし好きでしたが、
あまり詳しくはありませんでした。
興味はありましたが、それまでに知る機会があまりなかったからです。

なので、今回はいい機会だと思い、富士総合火力演習の見学に参加させてもらいました。
火力演習前日の航空自衛隊広報館もとても楽しかったです。時間があまり無くて全部見学することはできなかったので、また行きたいし、地元にあったら通いつめたいと思うほど航空自衛隊が好きになりました。

火力演習では、曇り空で戦闘機を生で見ることは出来ず、それが唯一残念でしたが、生で90式、74式戦車、戦闘ヘリ、等などを見ることができてとてもいい経験になりましたし、ますます自衛隊が好きになりました。

もし、また機会があるなら参加できたらいいな、と思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また別の御子息は帰りのバスの中で灘中学を受験して防衛大学にトップで入って幹部自衛官を目指します。と言っていた。。この研修が未来の幕僚長を作るきっかけになったことはとてもうれしい。

このような機会を作っていただいた荒川龍一郎中部方面総監に心より感謝する。

陸上自衛隊富士総合火力演習 

カテゴリ:陸上自衛隊

表題の演習を大阪防衛協会青年部会の研修会としてとり行った。中部方面総監部広報室にお世話いただき会員並びその家族約25名の参加となった。淀屋橋に前日の朝集合し貸し切りバスにて浜松の航空自衛隊の広報施設エアパークを見学する。航空自衛隊施設は近畿には航空自衛隊の幹部候補生学校しかないために会員一同とても興味深く見学をさせていただいた。
その日は富士駅近くのビジネスホテルに宿泊し翌日早朝から会場にむかう。総合火力演習は陸上自衛隊のイベントで最も人気があり毎年抽選で20倍以上の倍率で プラチナチケットと呼ばれているらしい。そもそもこの演習は昭和36年陸上自衛隊富士学校の学生の教育の一環として陸上自衛隊が保有する各種火器の効果と現代戦における火力戦闘の様相を認識させるために開始し昭和41年に一般公開されるようになったらしい。

個人的にはもう5回ぐらい参加しているが戦車や戦闘機、ヘリや様々な火砲の実弾射撃を目の前で見ることが出来る。

巨大な富士山に向かってF2戦闘機の爆撃やりゅう砲弾の空気を切り裂く打ち方空挺団のパラシュートによる落下はアクション映画のワンシーンのよう。。。。


sono1_20110905151409.jpg

音楽隊の演奏から始まり前段演習ではF-2の航空火力(天候不順のため実際の爆撃は中止)迫撃砲、誘導弾のヘリによる散布地雷など様々な火力がこれでもかというくらいに富士の裾野に向かって放たれた。圧巻は74式戦車、90式戦車の火砲で轟音が耳につんざき空気の振動が下腹を震わせる。普段の生活でこのような轟音を聞いたことがない。

sono2_20110905151416.jpg

前段1時間の後90戦車の射撃など実戦を想定した攻撃が始まります。観測ヘリで敵地を観測しヘリボン行動を行う。コブラ、アパッチなど戦闘ヘリ、輸送ヘリなどが実戦を想定して行動する。一線部隊の攻撃が始まると火力をフルに使って戦果拡張。息をのむような時間が過ぎた。

sono4_20110905151537.jpg

今回は被災地の方々も招待されたようで産経新聞にそのことも大きく掲載されていた。日頃の国を守る訓練の成果を見ることが出来、自衛隊はこのような部隊訓練を毎日しているから災害派遣にも対応できるんだということをご一緒した子供達にしっかりと教えてあげた。

sono3_20110905151424.jpg

国を守る最後の砦を目の当たりにし又、一糸乱れぬ彼らの戦闘展示を見て私はこの人たちに守ってもらっているという安心感を覚えた。自衛隊の皆さんいつも本当にありがとう。このブログを見ていただいている衆議院議員のYさん。Mさん。彼らの給料を下げないでください。隊員を減らさないでください。クーラーのない戦車の中で真夏でも私たち国民のために訓練をしている姿を想像してみてください。

世の中で最も貴い仕事である自衛官という仕事を政治家は口先だけではなくもっと敬わなければならぬ。
そう思った研修であった。

映像はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。