スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太山駐屯地もちつき大会ならびに音楽祭り 

カテゴリ:陸上自衛隊

12月22日前日の銃剣道大会と連チャンで信太山駐屯地の表題の行事に参加させていただいた。
もちつき大会は駐屯地支援者をはじめ地域の方々や隊員の家族を招待し大きく盛り上がった。

午後からは音楽祭りとしてまず最初に信太山駐屯地音楽隊の演奏が行われた。役職がら私は陸・海・空のさまざまな自衛隊基地などで音楽隊の演奏を聞く機会がよくある。大臣直轄の中央音楽隊、方面総監直轄の5つの方面音楽隊、師団・旅団直轄の音楽隊、混成団にも音楽隊があると聞いたこともある。いずれにせよ音楽隊は国民と自衛隊を結ぶ架け橋と考える。言い古された言葉であるが音楽に国境もイデオロギーもなく地域や自衛隊を知らない方々とのかかわりの第一線の役割を担っている。

写真中央でサックスを吹いているのが広報室の小伊勢3曹である。彼は広報室でホームページ担当だがさまざまな対外との調整や生活訓練の教官、基地見学の案内係ときにはバーベキューの焼き手なども務め音楽隊員としてだけではなくひとりで何役もの仕事をひきうけ、真の広報マンとして駐屯地のみならず自衛隊を世の中に知らしめる任務を遂行されている。

自衛隊の音楽隊はもちろん軍事組織なので広報の仕事だけではなく陸上自衛官として小銃の取り扱い含めてさまざまな訓練を受けている。年に一度は野外訓練にも参加し警備訓練や検問訓練を受けながら自己を研さんしていると聞く。
他の楽団隊員にはない小伊勢3曹のもつはつらつとした雰囲気、精悍さ、機敏さは自衛官としての練度の維持を決して怠っていないところからきていると感じた。演奏も1日に2か所回ったり屋外の中また雨天の中演奏したりすることもあると聞く。

aa9a[1]

そしてそのあとは数年前に作られた太鼓隊の信太菊水太鼓の演奏が行われた。勇壮かつ力強い一糸乱れぬ素晴らしい防人の演奏する姿に見ていて涙が出そうなほど感動した。この太鼓隊は同好会であり隊員は課業が終わってから自分の時間を使って毎日演奏練習をすると聞いている。同好会が設立して数年しかたっていないのに日本武道館で行われる中央の音楽祭りに演奏に行くということは技術の高さは推して然るべし。

a530[1]

そのあとは中隊対抗の演芸大会となりさまざまな出し物が中隊の名誉をかけて執り行われた。
下はいまや国内では海上自衛隊小月教育航空郡、航空自衛隊の航空学生教育隊、陸上自衛隊少年工科学校でしかお目にかかれないファンシードリルを披露した中隊の写真です。息を合わせた動きは長時間の練習が必要であったこと想像いたします。

11c5[1]

また出し物ではミュージカルもありこれも玄人はだしで中隊の隊員が趣向を凝らして毎晩練習を重ねていることが容易に想像された。

3bec[1]

今回は音響設備もぼろぼろで設備も決して美しいとはいえない中での行事であるがボロを着てても心は錦。どんな花よりきれいだぜ。。隊員たちの無垢な国を守る思いは来場者に十分伝わった。

今や小沢一郎の走狗となり果てた民主党議員達よ、日本の宝である彼らをもっと光輝かせることが国益であり、他国に対する抑止力になっていることがわからんか・・・陸上自衛隊は現在リストラの問題、防衛予算縮小の問題など大きな岐路に立たされている。民主党議員から陸上自衛隊が必要だった時代は過去のことで現在はミサイル防衛やイージス艦などの装備品に金をかけるべきという勉強不足はなはだしい議論を聞くことがある。

陸上自衛隊は、とくに普通科連隊のマンパワーの必要性は表面的なものだけではなく、たとえば隣国で国家崩壊が起こったとき10万以上の難民が日本に入ってくるといわれている。また難民だけではなく武装工作員や特殊部隊などが入国する恐れもある。そんな際の重要設備の警備や侵入した敵の掃討、国民保護活動、国会をはじめとする政府機関や基地などを警備しなくてはいけない。被害復旧は災害派遣どころではない。その時に現在の陸上自衛隊14万人で対処ができるわけがない。自衛官一人で国民1000人を救えるわけがない。ということは自明である。

装備品の能力向上によって効率化できる海上や航空と違って陸上自衛隊とくに普通科連隊は「人」とその「数」こそが戦力になることをもっとメディアは取り上げるべきであるし現在のように公務員の雇用調整弁として自衛官を削減することは必ず将来しっぺ返しがあると私は考える。

犯罪や自然災害の備えや国際貢献活動はもちろん大切であるが他国の侵略に対して全く無防備でよいのか。。政治家やマスコミはどうしてそのような脅威を直視しようとしないのか、「友愛」の精神が自衛隊以上の抑止となっていると考えているのか。。

「寝言は寝てから言え!」国会に呼んでくれたら滔々と説明したるのにな・・・・

大庭連隊長を核心とする第37普通科連隊の隊員一人ひとりに対し、平成21年安寧なる国民生活を送れたことを、国民の一人として心から感謝申し上げるとともに、平成22年の連隊とその隊員、家族のいやさかを祈念する。



スポンサーサイト

第37普通科連隊銃剣道大会 

カテゴリ:陸上自衛隊

12月21日信太山駐屯地にある第37普通科連隊の銃剣道大会が実施され見学の機会をいただいた。
銃剣道とは、旧大日本帝国陸軍において制定された銃剣術(旧大日本帝国海軍でも訓練されていた)を元に、戦後に身体育成や精神養成を目的とした武道として競技化したものといわれ、個人的には銃剣道の試合というものを初めて見るわけだが陸上自衛隊では体育訓練としてすべての隊員が持久走とともに必須となっていると聞き及んだ。駐屯地内の体育館で行われる競技会は中隊対抗となっており、約100名くらいの中隊員の中で選抜された精鋭とともに抽選で選ばれた隊員合わせて25名の団体戦となっているところがポイントとなっている。

また最後に大将戦として4月に入隊した幹部候補生どうしが中隊の名誉をかけて試合をする。それを周りの仲間が声は張り上げて応援する。。幹部候補生はそのプレッシャーと重みを肌で感じながらおぼつかない構えで必死で突きまくる。彼らは幹部候補生学校を卒業した時点で3等陸尉となり人生経験も舞台経験も体力もはるかに上の陸曹を部下に持たなければならない。自分の父親くらいの最選任曹長など筋金の入った自衛官にも物おじせずに言うべきことは言わなければならない場面がどんどん出てくるであろう。実戦において指揮官のミスは敗北を意味し、銃剣道での敗北も大切な訓練となっている。将来の陸上自衛隊の幹部となる彼らには任務、部隊、隊員に対する強い使命感と責任感が求められる。この銃剣道大会はそれらの目的を達成できる素晴らしい機会と感じた。

20091221140619.jpg

試合に出場する隊員は中隊の名誉をかけて必死で戦い。回りの隊員はそれぞれの勝ち負けに大きな声と歓声で一喜一憂する。自衛隊は常に勝たなければならない組織でありこの日のために訓練を続けてきた成果を発揮する場として会場はそれぞれの隊員の強烈なエネルギーが充満し12月というのに熱気でむせかえるような状態であった。試合は剣道の面や肩あてをつけて木製の銃剣で心臓部をまっすぐ貫くだけではなくそこに「心・気・力」が入って初めて一本となる。
あばら骨が折れたりむち打ちになったりすることもあるらしくかなり激しい競技であることは間違いない。
できれば一度デモンストレーションでやってみたかったがその機会はなかった・・・

20091221140651.jpg

陸上自衛隊の普通科は旧軍の歩兵部隊であり戦車部隊や特科部隊を率いる陸上自衛隊の中心的存在である。陸上自衛隊のみならず海上自衛隊や航空自衛隊の活動まで支える日本の柱である。有事の際に港湾や航空基地を陸上自衛隊普通科連隊が守らなけば自衛隊だけではなく警察、消防も能力を発揮できず機能停止となってしまう。
もっと我が国の宝である陸上自衛隊普通科連隊がどれだけ精強で魅力ある集団で我が国の平和と繁栄にどれだけ寄与しているのかをもっと国民に政治家に知ってもらいたい。切にそう思う・・・。

「政府民主党よ自衛隊を見るときには色眼鏡をはずせ!もっと現場を見よ!」

政権が変わろうとも自身の任務を遂行することに心を砕く、万一の際に最高のパフォーマンスを発揮すべく辛く厳しい訓練と人材育成を日々重ねる、日本が世界に誇る美しい集団が陸上自衛隊普通科連隊であることを私は確信している。

20091221140635.jpg

私に連隊長自らが銃剣道についての解説をいただいた。第37普通科連隊、連隊長の大庭秀昭一等陸佐はレンジャー部隊出身でダイヤモンドの徽章が物語るように屈強な肉体とともに司令官としてなすべきことを自らが実行し全体の指揮統率を常に考えておられる一流の指揮官である。身体全体から常に情熱を出し、眼にはつねに力をみなぎらせておられる。

連隊長の職務とかねて駐屯地指令として地域との協調や協力に心を砕き、地元の支えが隊員の力の源になるべくさまざまな場所で地域の方々との信頼関係づくりをされておられる。彼を見ていると自分自身も一流の支援者にならなければならないと自戒する。この駐屯地のさらなる発展と隊員一人ひとりのいやさかを心より祈る次第である。


海上自衛隊阪神基地隊もちつき大会(市民と阪神基地隊の交流会) 

カテゴリ:海上自衛隊

*今回は副会長の辻輝也が書かせていただきます。

12月19日(土)に鷺岡会長に相伴させて頂き、海上自衛隊阪神基地隊において実施された「市民と阪神基地隊との交流会」に参加しました。師走に入ってからも暫く暖かい日が続き、年の瀬が迫っている実感に乏しかったのですが、12月の半ばを過ぎる辺りから急に冬らしくなってきました。

この日も朝から空気は大変冷たく寒風が吹き付ける一方で、空気は澄み青空と日光を享受できる冬らしい一日でした。受付の隊員は強風が受付名簿を吹き飛ばす勢いで、ページをめくるのもままならず大変苦労されている様子でした。受付を済ませ鷺岡会長と共に寒風に吹かれながら岸壁に向かうと、2隻の護衛艦の勇猛な後姿が目に飛び込んで来ました。艦尾に掲げられた自衛艦旗が風にはためき、より一層その勇姿を引き立てていました。

001_20091223083852.jpg
(石原裕次郎になった気分の鷺岡会長)


開会までの時間を使って、護衛艦「さわゆき」の見学をさせて頂きました。防衛協会に入会させて頂いてから今日まで、お陰様で数回護衛艦に乗艦する機会を与えて頂きました。2年前の夏に初めて護衛艦を見た時の興奮と、精悍な自衛官に迎えられて乗艦し、艦橋や装備品を見学させて頂いた時の感動は今でも鮮明に覚えています。39の年を数えるまで護衛艦に乗ったことはおろか、見たこともなかった訳ですから情けないことです。

世間の注目を浴びた事業仕分けの思わぬ副作用で、陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」の入場者数が伸びたとの記事を見ました。一人でも多くの国民が自衛隊を身近に感じる機会を得ることは大変喜ばしいことです。広報の手法に絶対はないのでしょうが、護衛艦に乗艦してもらうことは自衛隊の広報として効果が極めて大きいと思います。

002_20091223083900.jpg
(護衛艦さわゆきとはつゆきが並ぶ艦上の上で記念写真)

喜ばしいことに護衛艦が市民に一般公開される機会は年に数回あります。それを知らない人に知らせることも我々の活動だと思います。近いところでは、2月に護衛艦「やまゆき」が堺に入港し、6日(土)に一般公開される予定です。また、3月には江田島の海上自衛隊幹部候補生学校を卒業した新人幹部が乗る練習艦隊がやって来ます。詳細が決まり次第お知らせしたいと思います。特にやまゆきの塩崎艦長は大阪出身(11月2日のブログ参照)であり、大阪の若者に自衛隊のことを知ってもらいたいという強い思いを持っておられます。このブログの読者である学生さんで、単に船に乗るだけではなく艦長の話を直に聞いてみたいという諸君がいれば、是非ご一報を頂ければと思います。

さて、話を阪神基地隊に戻します。この日の交流会はもちつき大会をメインに実施されました。会場である体育館の入口では、村川司令が直々に参加者一人ひとりを迎えて下さいました。会場のど真ん中には石臼が2つ備え付けられ、海上自衛隊の青い法被を着た隊員がもちつきの準備をされていました。それを取り囲む形で立食のテーブルが配置され、壁際には隊員による、てんぷら、名物海軍カレー、ドリンクのスタンドが配置され人気を博していました。

これだけ見てもワクワクする設えなのですが、圧巻は緞帳の裏に隠されていました。村川司令が冒頭のご挨拶の中で、今日は何か会場に違和感がありませんかと問いかけられ、自衛艦旗がないことを示唆されました。そして、緞帳が上がるとそこには非常に大きくて立派な十六条の旭日旗が掲げられていました。そして、村川司令の説明で会場にどよめきが起こりました。「この旗は自衛艦旗ではありません。百余年前に日本海海戦を戦った戦艦三笠の旗です。」

003_20091223083908.jpg
(すべて手縫いでできており坂の上の雲を目指して戦った先人に想いを馳せる瞬間であった)

さらに皆の感激を受けての二の句が秀逸でした。「本日は東郷平八郎元帥の曾孫(阪神基地隊就職援護室長東郷宏重2佐)がいるので御旗をバックに彼と記念写真をどうぞ。通常1枚千円頂くのですが、本日は無料とします!」これで会場は大爆笑。何とも粋な設えに感心することしきりでした。

004_20091223083916.jpg
(自ら率先してもちをつく村川指令)

もちつきが始まると会場は何とも楽しいムードに包まれました。今日は隊員のご家族も来られているということで、小さな子供ももちつきを楽しんでいました。両手に小さな2人の子供の手を引いた若い士官の姿も。ビシッと着込んだ制服の後姿が一層頼もしく映ります。小さな子供も普段遊んでくれるパパの一味違う姿を格好良く思ったことでしょう。東郷2佐は相変わらずの人気者で、お話する相手が途絶えませんが、鷺岡会長と私で厚かましくご婦人との会話に割って入り、舞台上の御旗の前にお連れし記念写真を撮って頂きました。

005.jpg
(中央が東郷宏重2佐)

これが呼び水となり、瞬く間に記念撮影待ちの長蛇の列が出来てしまいました。何とも楽しい交流会であっという間に時間が過ぎてしまいました。

閉会後、護衛艦3隻が訓練に向けて出航するとのことでお見送りをさせて頂きました。右舷に整列した隊員の姿は凛としており、海洋国家日本を守っている気概に満ちたものでした。出港用意のラッパが高らかに鳴り響き、若干の黒煙を青空に吐き出して大きな船体が動き出します。いつも思いますが、この自衛艦が出航する様は非常に美しく感動的です。非常に楽しく有意義な一日を過ごさせて頂きました。村川司令はじめ阪神基地隊の皆さん、伊藤司令はじめ第11護衛隊の皆さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

文責:副会長 辻輝也

京都府防衛協会青年部会 第3回平安塾 

カテゴリ:全国防衛協会連合会青年部会

京都府防衛協会青年部会主催の平安塾に参加してきました。
我々の同志である佐藤正久参議院議員と地元選出の民主党の北神圭朗衆議院議員のパネルディスカッション形式で我が国の安全保障について議論をするという趣向でした。佐藤議員はこの日のためにほとんど睡眠をとらずにワシントンからパリ経由で地球を半周して関空に入られたということ。いつもながら佐藤議員のバイタリティーあふれる行動力に頭が下がる思いがしました。10月にはアフガニスタン、ジブチ、スーダンなどをまわって各国の軍人文民の実情を視察されたと聞き及ぶ。。
活動記録を拝見するとも土日祝日かかわらず、ほとんど毎日休みなしで全国各地を回りながら日本の未来をつくられておられる。。感謝・・

この日の話も防衛予算の事業仕分けの件などにも触れられ、自衛官の軍服を外国製ではどうかと言われる政府に対し軍服(制服)は万が一の場合に我が国を守るために、または国益のために死ぬかもしれない自衛官の誇りと魂そのものでありそれが中国製やアメリカ製であっていいわけがない。殉職したときに国旗と共に棺に載せる制服が外国のものであってよいわけがないと元自衛官ならではの説得力のある意見を述べておられました。同感・・・

日米同盟で最も大切なのはトップ同士の信頼関係でありそれが現在崩れてきている。。とワシントン帰りのホットな話もされておりました。シカゴポリティクスの象徴のようなオバマがアフガン増兵の協力を日本に言ってこない本当の意味は何なのか。。日米同盟は軍事同盟であることをほとんどの国民は理解していないということもいまさら気づきました。もっと新聞記事の行間をしっかりと読まなければならないと思うサジェステョンをたくさんいただきました。

そしたらこの現状を打破するために私たち国民はどうしなければならないのか・・というキモの命題なのですがそれについて佐藤議員は「国民の防衛意識を超える防衛力はあり得ない」と言われました。まさにその通り。。

PC100002.jpg

北神議員は18歳までアメリカで生活をされ(手足がでかいのにびっくり・・靴のサイズ30センチと言っていた)
京都大学法学部を卒業後大蔵省で官僚をされておられたらしいが気さくで頭の涼しさに驚いた。場を読む力というか今時の言葉でいうと文脈力というか質問に対ししっかりと正面で受け止め観衆がきちんと理解できる言葉を選んで簡潔に話される能力に驚く。安全保障に対する考え方もきちんと持っておられ自分の国は自分で守るということの大切さもわかっておられる。しかしながら社民党と否応なしに連立を組まなければならない民主党の現状や選挙に勝ってこその政策という現実とのはざまで「個人的には・・・・・と考えているんだけど・・」といった表現が目立ってしまった。。
特に安全保障という国の根幹をなす問題についての民主党の自己矛盾政策にに対して妥協ではないが今はしょうがないという寂しいことをいっていた。

鋭い視点だなと思ったのは、表面的な国際協力や貢献の問題よりも日本国をどうやって守るのかという議論をまずしなければならないとし、まず現在のいびつな日米関係を是正しなければならないという意見では共感できた。

PC100004.jpg(写真は北神議員と浜地会員)

講演後は忘年懇親会があり美味しい食事と様々なアトラクションや初代会長の津田相談役をはじめ本年還暦を迎えられた方々のお祝いなどもあり参加者全員が楽しく歓談することができました。
PC100007.jpg
このような素晴らしい勉強会やシンポジウムを年間何回もされておられる迫田会長を核心とする京都府防衛協会青年部会の皆様に敬意を表し、我々大阪防衛協会青年部会も組織をもっと活性化しこのような勉強会や防衛思想の普及活動を大阪府民により広げていきたいものと考える。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。