スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜水艦そうりゅう引渡式及び自衛艦旗授与式 

カテゴリ:海上自衛隊


鷺岡会長の代理で、潜水艦の引渡式に行って来ました。
3月30日の月曜日、場所は三菱重工の神戸造船所です。
新型潜水艦の完成を祝福するかのように空は晴れ渡り、暖かい日でした。

この潜水艦は、その名も「そうりゅう」。旧海軍の御召艦、航空母艦にもつけられた格式高い名前です。
また、そうりゅうは海上自衛隊初の非大気依存推進型動力の潜水艦です。
原子力潜水艦を持たないわが国としては、期待の新星であると思います。
祝宴の際のスピーチを聞いていても、非常な困難を乗り越え竣工と相成ったようです。
三菱重工の技術力と、多くの協力会社や職人さんに敬意を払いたいと思います。
souryuu1


三菱重工の神戸造船所には、過去2回コンテナ船の進水式の見学に来たことがあります。
ですので、正門で受付を済ませた後、一人でふらふらと式典会場の第4岸壁まで歩いて行きました。
会場には紅白幕が張られ、レッドカーペットも敷かれて荘厳な雰囲気でした。
ここで、レッドカーペットを歩いていたら、「赤いところを歩かないで下さい!」とスタッフさんに注意されました。
レッドカーペットを踏めるのは偉い人だけのようです。勉強になりました。

式典は素晴らしいものでした。
潜水艦の乗組員、音楽隊、儀仗隊、その規律正しい所作と溌剌とした態度は見ていて非常に気持ちの良いものでした。
浜田防衛大臣は残念ながら欠席され、武田防衛大臣政務官が代理で式典を執り行われました。
自衛艦旗(お馴染みの十六条旭日旗です。)は海と空の青に本当に映えます。美しいです。

その後、屋内で祝宴が催されました。
こういっためでたい日に、昼間から飲むビールの美味いこと!
海上自衛官や三菱重工の方と、しばし語らいながら楽しい宴となりました。
souryu2


祝宴の後は再び岸壁に戻り、そうりゅうの出港をお見送りしました。
まず、艦上で2名のラッパ手が出港用意のラッパを高らかと吹き上げます。
それに応えるように、岸壁では音楽隊が軍艦マーチを奏でます。
素晴らしい!船が出て行くシーンというのは、何故にかくも感動的なのでしょうか。
しばらくして、「帽振れ!」の号令がかかり、曲も蛍の光に変わります。
艦上で帽子を振る乗組員に向かって、こちらも一生懸命手を振りました。

今頃、そうりゅうが何処で何をしているか知る由もないですが、訓練を重ね、近い将来大活躍してくれることでしょう。
また、我々が身近でお世話になった阪神基地隊の永田司令が、潜水艦隊の司令官になられたというのも心強いことです。
出港を見送ったそうりゅうは、かわいい子供のような気もします。頑張れそうりゅう!国防の要となれ!

 文責 辻輝也
スポンサーサイト

つつじを見る会 

カテゴリ:中部方面総監部

4月25日12時からつつじを見る会が中部方面総監部で行われ
自衛隊幹部の方々と各界の代表の方や伊丹市長などがこられ
楽しい懇談のひと時を過ごしました。
この会は中方懇話会という団体と自衛隊の共済事業で
あいにく当日は朝からの雨となり天幕(テント)を張ったなかでの
懇親会でしたのでつつじはまじかで見ることはできませんでしたが
自衛隊員手作りの美味しい料理をたらふくいただきました。

山菜(うどの葉、タラの芽、ふきのとう)の天ぷらや温かいうどん
神戸牛のステーキなど大変素敵なおもてなしをいただきました。
この3月に着任された中部方面総監の角南俊彦陸将(写真)もいろいろな方と
懇談され自衛隊に対する国民の期待や想いが特にここ近年高まっていることに対して
一生懸命国民の負託にこたえるということを言っておられました。
tutuji

雨の中、裏方でポンチョを着て天幕を気遣ったり私たちが雨にぬれないように
いたるところで目配り気配りしていただいている自衛隊の方が多くおられました。
普段でも訓練などで大変なのに私たちのためにこうやって会の設営に尽力いただいている姿を見て
本当にありがたく、敬意を表しながら会場を後にいたしました。

練習艦隊艦上レセプション 

カテゴリ:海上自衛隊

「練習艦かしま艦上レセプション」

新阪急ホテルでの練習艦隊歓迎の夕べから一夜明け、今度は我々が練習艦に招待されました。
天保山の岸壁には、練習艦隊を構成する、練習艦の「かしま」と「しまゆき」、護衛艦「ゆうぎり」が停泊していました。
かしまの甲板には紅白幕が張られ、艦の物々しい姿とは似つかわしくない華やいだ雰囲気を醸し出していました。
kasima1

受付を済ませると、わざわざ1名の自衛官が艦上まで案内してくれました。私ごときの為に申し訳ない気持ちでした。
艦上では定刻前でしたが、すでに飲食が始まっており、皆それぞれに歓談していました。
昨日の面々と一定程度は重複しているのでしょうが、昨日よりは少なく、また乗組員の家族も招待されているように見受けました。
kasima2

幹部候補生学校を卒業し、家族を練習艦に招待するなんて、親孝行の極みですね。ご家族もさぞかし誇りに感じたことでしょう。

立食で飲み食いしながら、しばし乗組員と歓談するというのは、昨日と同じスタイルですが、昨日とは全く違います。
おだやかな潮風を感じながら、だんだんに暮れていく中でのレセプションは最高でした。
国旗降納のラッパや、ゆうぎり甲板上のヘリコプターなど、より海上自衛隊に親しむことが出来ました。
kasima5

自衛官にとってはホームなので、昨日より雄弁に色々なことを話してくれました。
天保山の大観覧車もネオンがともり、バックで祝福の大輪の花を咲かせているようでした。

kasima3


練習艦隊は大阪を出港すると、大湊、晴海に寄港の後、シンガポールを経て中近東へ行くそうです。
インド洋やソマリア沖で活躍する先輩の勇姿を見れるかも知れませんね。
kasima4

長い航海で様々な経験を積み、より一層逞しくなって帰国してくれることでしょう

文責 辻輝也

練習艦隊歓迎の夕べ 

カテゴリ:海上自衛隊


3月20日に江田島を出発した練習艦隊の最初の寄港地が、ここ大阪です。
そして、3月22日の日曜日の晩に、梅田の新阪急ホテルにて、「練習艦隊歓迎の夕べ」が催されました。私と鷺岡会長で出席してまいりました。


会場である新阪急ホテル2階の「紫の間」に足を踏み入れて、まず最初に目に留まったのが、正面に掲揚された自衛艦旗です。
写真でもお分かりかと思いますが、相当大きいものです。
kangei

そして、会場の真ん中に料理が並べられ、両サイドは沢山の人だかりでした。数百人はいたでしょうか。年配の紳士が多く、鷺岡会長と私は最も若い部類だったと思います。
主催は関西水交会で、旧海軍からの流れを汲む伝統ある団体です。
勿論我々の親会である大阪防衛協会からも大勢の出席者がいました。
会場はざわつきながら、練習艦隊のメンバーの入場を今か今かと期待する雰囲気でした。

そして、やや定刻を過ぎて後ろのドアが開け放たれ、練習艦乗組員である海上自衛官が勢いよく入場してまいりました。
幹部候補生学校を卒業したばかりの初々しく凛々しい面々でした。
全員が舞台前に整然と並び終えたところで、レセプションが開始されました。
新3等海尉達の挨拶は、慣れない口ぶりでしたが、卒業の喜びと将来への使命感を感じさせるものでした。
また、歓迎の出し物として恒例のタカラジェンヌによるミニコンサートが行われました。
関西水交会前会長であり、大阪防衛協会前会長でもある宝塚音楽学校の小林公平校長の計らいなのでしょう。
この日のステージを務めたのは、月組の遼河はるひさんと月組メンバー4人でした。
その美貌と歌唱力は素晴らしく、乗組員達にも大好評であったようです。

パーティーはビュッフェ形式だったので、乗組員もあちこちのテーブルに散らばりました。
私も何人かとビールを注ぎ合いながら話をすることが出来ました。
彼らが非常に礼儀正しく、スマートなのに感銘を受けました。
卒業までに心技体共に非常に鍛えられ、今後は国を守る幹部になる意気込みがそうさせるのでしょう。
しばし、楽しく歓談をさせて頂き、万歳三唱にて閉会。
そして、乗組員達はまた颯爽と退場し、天保山岸壁に接岸している艦へと戻って行きました。

文責 辻輝也

入隊予定者激励会 

カテゴリ:自衛隊大阪地方協力本部

3月15日中島副会長と共に大阪国際交流センターで行われた入隊予定者激励会に参加してきました。この激励会は大阪出身の陸上・海上・航空・防衛大学・防衛医科大学へ入隊・入校する若人を激励しお祝いする会です。当日は第3音楽隊の演奏や大阪府知事の「人間にとって最も尊い行為は自己犠牲であり、その最たる職業は自衛官です。皆さんは知事よりもはるかに尊い職業を選ばれました。厳しい訓練もあるとは思いますが、頑張って下さい。」といった激励とあいさつ、防衛大臣のVTRでの祝辞があり途中で富田林高校のバトントワリングもありました。
そのあと辛坊治郎さんの下品極まりないしょうむないトークが入り、タヒチアンダンスやフラメンコ舞踊のあとに記念品が贈呈されました。
nyuutaigekirei


入隊予定者の声として・・・
私が自衛官になりたいと思った理由は3つあります。一つ目は私たちが住む日本の平和を守るための活動について日ごろから強い関心を抱いていたからです。二つ目は僕は人の役に立ちたいと思っていたので、自衛隊は自分の力がもっとも発揮できる仕事であり昔からの僕の夢だったからです。三つ目は自衛隊は健全であり国民に愛され社会に貢献できる立派な職業と思っています。以上の理由から僕は自衛官になろうと決意しました。  松江隆太郎君

泣けます。。頑張れよ!俺は君たちを支えるよ。。


4月 

カテゴリ:青年部会

yakuin

大阪防衛協会青年部会 4月度役員会議

時間:11:30~14:00
参加者:鷺岡会長、小泉副会長予定者、辻副会長予定者、中島副会長、高橋事務局長、
浜地副事務局長、小國副事務局長

1.会長挨拶
2.平成21年度 新役員選出について 小泉、辻、寺川副会長
3.副会長役割分担ならびに職務分掌
4.21年度活動予定並びに自衛隊事業参加について
5.総会の進行について 

以上の案件について議論いたしました。

江田島 海上自衛隊幹部候補生学校卒業式 

カテゴリ:海上自衛隊

goeikan
3月19日から20日にかけて高橋幹事長と一緒に江田島の海上自衛隊幹部候補生学校の卒業式に行ってきました。この学校は広島県の呉にあり海軍兵学校として明治21年に東京築地から移転し、アメリカのアナポリス、イギリスのポーツマスと共に世界三大兵学校としてその名は広く世界に知られていました。海上自衛隊阪神基地隊就職援護室長 東郷宏重2佐(東郷平八郎元帥のひ孫です)のアテンドのもと新幹線で一路呉に入り、呉総監部見学をして護衛艦がいっぱいの基地を見学いたしました。
sennsuikan


入船山記念館では旧呉鎮守府司令長官官舎を見学して潜水艦まきしおの艦内見学もさせていただきました。潜水艦は天候に左右されず光もレーダーも通さない海中にて隠密に行動するため普段はなかなか見る機会がありませんが今回は海上自衛隊の計らいで潜望鏡も触らせていただきました。
少しの時間ですが潜水艦に対する理解が深まった気がしました。

その日の夜は呉のまちを思いっきり楽しんで翌日の卒業式は大正6年に建てられた大講堂で執り行われました。講堂全体は御影石で作られていて私たちは2階の貴賓席で見学しました。海軍兵学校時代は天皇陛下の名代として宮様のご臨席いただいていたようです。

卒業式は君が代斉唱で始まる。参加者全員が腹の底から大きな声で心を入れて歌う。
これだけでこみあげてくるものがある。大学で4年間学びこの学校で1年間勉強と訓練を重ねた卒業式なのでこれぞ日本の卒業式といえる流れるような学校長から卒業証書をいただく気品と威厳のある所作や一糸乱れぬ(規律・礼・着席など)動きは見ていてこちらまで気合いの入る2時間でした。そのあと本日から3等海尉に任官された学生は親や彼女としばしの別れのあと隊列を組んで表桟橋に向かう。
gyouretu

この学校の表玄関は江田島湾に浮かぶ桟橋である。練習艦に乗り込む前の幹部候補生は1年間の規則正しい生活、厳しい訓練を終えた精鋭だけが得る自信と誇りに満ちていました。
gennkan
海上幕僚長と学校長が見えなくなるまで見送っている姿が印象的でした。
彼らは今からこのまま半年間世界中を練習艦隊に乗って日本の防人として訓練を重ねます。事故のないよう日本に半年後に帰ってくることを祈りました。そして私たちの安全と平和のためにこれからも日々訓練を重ねるを彼らが自衛官としての誇りを失わないよう民間人の私たちは今まで以上に支援をしなければならないと思いました。

ブログ開始です 

カテゴリ:未分類

こんにちは!大阪防衛協会青年部会も4年目を迎えました。
自衛隊の行事参加の報告やもろもろの我が国の防衛に関する記事をアップしていきます。
どうかよろしくお願いいたします。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。